2030年問題とは?日本を襲う様々な問題【高齢化、年金、医療、人口問題】

2030年――

執筆している現在からしたら12年後のことです。遥か遠いように感じるが、実際にはすぐにやってくる。あっという間の出来事だ。

さて、2030年問題と呼ばれる問題はご存知だろうか?

よく「○○問題」と呼ばれるような事態は多いが、大抵は俺たちのような庶民には関係なく終わる。ただ、今回は違う。確実かつ深刻な問題として俺たちのような一般人に襲いかかる。100%の確率で。

今回は日本の2030年問題について広く触れていきます。

日本における2030年問題とは?

未来には問題が様々あります。

温暖化、高齢化、年金、世界情勢、テロ、いろいろと問題が山積み状態です。今回は日本の2030年問題を取り上げていきます。

日本では主に5つの問題が指摘されています。

☆高齢化社会

☆介護医療関係

☆年金問題

☆人口問題

☆働き方に変革

意見君
どれも今も問題じゃない?
2030年には大問題になってるよ
     
意見君
今よりも?
今よりも深刻だ

 

高齢化社会問題

これは2010年代から取りざたされている問題ですね。

段階の世代と呼ばれる第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代が多くいます。この団塊の世代は2010年代に定年を迎えました。

つまり、2030年代には「段階の世代が80代を迎える」ことになります。その子供である団塊ジュニアも高齢化してきます。

少子高齢化が叫ばれて久しい我が国だが、今後それはさらに加速する。

2030年代には「日本の3人に1人が65歳以上になる」というデータがある。これは予想とか推測などというレベルではない。確実に訪れる未来である。

意見君
これはガチな問題だな
孤独○なども増えるだろう
意見君
悲しいな
避けて通れない道だ

 

介護医療問題

高齢化とセットで考えられるこの問題。

介護と医療は圧倒的に人不足だ。

特に介護のほうは社会問題となり、2018年現在でも人を募集しているのが現状です。低賃金など、待遇の悪さが伸び悩む原因か。

介護難民と呼ばれる介護が必要な「要介護者」に認定されているにもかかわらず、施設に入所できないだけでなく、家庭においても適切な介護サービスを受けられない65歳以上の高齢者が増加している現状。

今後さらに加速していく。

医療のほうも問題で、病院には老人たちで溢れています。医師不足問題も真剣に考えていかなければいけないでしょう。

 

年金問題

年金問題も見逃せないものです。

国民年金保険料の増加、受給年齢の引き上げ、年金カット、これらも確実にやってきます。

60歳から受給できるという時代は終わり、65歳、70歳と受給年齢が引きあがっていきます。政府としては2030年までに男女とも65歳まで引き上げるのは確定しており、さらに70歳まで引き上げるのではと予想されています。

女性が社会進出がすこしずつ形になっているのは素晴らしいことですが、働く女性から年金を徴収することを視野に入れているからという見方がされています。それでも年金制度が維持できるのかというのは非常に難しい問題ですが。

 

人口問題

日本は少子高齢化社会が加速しています。

当然だが、2030年には人口が減る。さらに高齢者が増加し、現役世代には負担が大きくのしかかるので子供を産めないという悪循環に陥る。結果として日本は衰退するという明確なルートが見える。

高齢化→年金に税金と現役世代の負担増加→金銭的な問題で子供が産めない→人口が不足する→労働力がいなくなる。

そう、これによって引き起こされるのは労働力不足なのである。

外国人を雇用している企業やバイトも増えている。それ自体は悪くはないが、日本のやり方や伝統が損なわれるのではと危惧されている一面もある。

 

働き方問題

労働力不足が叫ばれる一方で、逆の意見が出ている。

「2030年代にはAI(人工知能)が発達し、単純作業は人間ではなく機械操作になる」

と言われているのだ。

単純な作業、頭脳作業などはすべてAIが行うので多くの人が仕事を無くすのではと危惧されている。

労働力不足なのか、それとも働き口が少なくなるのかは全くの未知数である

 

まとめ

2030年問題は日本にとって岐路になるだろう。

というか、現在も岐路の真っ只中だと思われる。少子高齢化の我が国の未来が不安でならない。俺のような30代のオッサン入りかけの世代には特にいろいろと考えさせられる。

2030年問題はなにも2030年”だけの問題ではない。将来の日本全体を危惧する問題だ。

悔しいのは対策が打てないこと。俺たち国民ひとりひとりに出来るのは年金問題の対策として貯蓄しておくだけだろう。介護、高齢化、少子化についてはどうしたって国の協力と体制強化が求められる。

ただ、この2030年問題は海外でも広く不安視されている。

というのも海外では日本と異なる問題が多々あるからだ。「テロ、氷河期、世界情勢不安」など不安は大きい。

このエントリーをはてなブックマークに追加