始球式をする意味ってなに?打った人もいるけど問題ない? 

野球の試合開始前といえば”始球式”が思い浮かぶ。

ただ、あれを見ていていつも思うことがある。始球式というのはそもそも何の意味があるのだろうかと。

芸能人、グラビアイドル、スポーツ選手、OBなど様々な人が試合前に1球だけ投げて打者はそのボールに空振りする。全くもってストライクゾーンでなくとも振るという謎のセレモニーだ。

今回はその始球式について話してみようかと。

始球式が始まった理由

実は調べみるとこれがまたビックリするほどくだらない理由だった。

いや、正確にはくだらなくもないのだが、少なくとも個人的にはくだらない理由に思えてしまった。

所説あるものの、始球式が定着した理由のひとつにMLBで行われたある始球式が出てくる。

それが「1910年に当時のアメリカ大統領だったウィリアム・ハワード・タフトの側近が、太ってきたタフトに運動をさせようとして野球での始球式を思いついた」というものだ。セレモニーであるのならばしっかりと体を仕上げるだろう、と側近は考えたのだろう。

ダイエットの一環として始まったのが始球式だ。

もっとも、今となっては背景がわからないので細かいところは不明です。もしかしたらダイエットというのは照れ隠しで、政治的な何かがあったのかもしれませんが不明です。

MLBの歴史については不明だが、恐らくはタフト大統領が投げたことで注目され、そこから始球式という文化が始まったと言われている。

 

日本最初の始球式は?

日本の始球式について触れていこう。

意見君
日本はアメリカより後だよね?
調べてみると違うらしいぞ
意見君
そうなの?

 

日本で最初に始球式が行われたのは1908年のことだ。

アメリカの選抜チームと早稲田大学野球部の試合で大隈重信氏が務めた始球式とされる。大隈氏の投球はストライクゾーンから大きく逸れたが、早稲田大学の1番打者がわざと空振りをしてストライクにした。

この空振りが相手の球に敬意を払ったと称賛され、打者は投手役に敬意を表すため、投球がボール球でも絶好球でも空振りをすることが慣例となった。ちなみにこの慣例は逆輸入といった形でアメリカでも行われている。

日本で最初に起こった始球式だが、定着したのがいつなのかは不明だ。

 

始球式で打った人もいるけど?

始球式で打っても問題はない。実際にプロ野球選手では打っているケースもあるし、たまたまバットに当たってしまったケースもある。

別に罰則はない。

仲のいい相手が始球式の相手だったり、偶然当たるのは仕方のないことだ。

 

芸能人を起用する意味はなに?

意見君
よく芸能人とか始球式するよね
するねー
意見君
あれって意味あるの?

 

宣伝だよ!!

芸能人などを起用する始球式ですが、あれは単純に宣伝ですね。テレビドラマやアニメが開始されるからといった宣伝目的が大半です。

まあ、芸能人の中には単純にファンで始球式をやりたかった人もいるでしょうが。

あくまでもセレモニーの一環です。

 

結論

始球式にもっと深い意味があると思っていたが、始まり方からしてそこまで大きな意味がない感じかなって印象。

打った人も結構いるみたいで、罰もないのでどちらでもいいかなという感じ。

このエントリーをはてなブックマークに追加