マスコミが偏向報道をするのはなぜなのか? 

マスコミによる偏向報道問題。

これはもう社会的な問題といってもいい。マスコミによる横暴と言い換えてもいいだろう。

昨今ではSNSの発達で発覚してきたおかげでメディアの偏向報道や嘘なども露呈されてきたが、それでもお年寄りやメディアが必ずしも正しいと勘違いしている視聴者はあっさりと騙される。

なぜ、どうして偏向報道をするのか?

偏向報道って何だ?

意見君
たまに聞く偏向報道ってなに?
印象操作だ


偏向報道は意見が対立している場合に直接的・間接的な情報操作を行うといった報道だ。テレビ、新聞などがその媒体となる。

簡単にいえば”テレビで偏った報道をする”ことである。

例えば事件が起きて犯人がいたとしよう。そして、その犯人の趣味が「ゴルフ、アニメ鑑賞、料理」だったとする。

そういった場合にテレビでは「犯人はアニメ好きで、よくアニメを鑑賞していて、その影響で犯行におよんだと見られる」といった感じで一部分だけを切り取って印象を操作する報道方法である。

これによって純粋(笑)な視聴者が騙され、印象が操作されるというわけだ。

 

なぜ偏向報道をするのか

この答えはいくつもある。

簡単なものではないということだけは覚えておいてほしいところである。決してメディアを庇うわけではないが、メディアにも理由がある。

☆メディア側の気持ちと視聴者の気持ちにズレが生じた

☆自分たちが有利になるように運ぶ

☆視聴率・部数稼ぎ

これらの3つだ。

 

気持ちにズレが生じた

これについて説明しよう。

例えばそうだ、ある組織が対立していたとしよう。メディア的には「Aの組織が正しい」と感じてA有利に報道する。しかし世の中には「Bの組織が正しい」と意見を持っている方も大勢いるわけだ。

そういった場合、Aの組織に有利な報道したらその局は「偏向報道」と呼ばれる。

少なくとも、視聴者にはそう映ってしまう。上記であるようにSNSの発達で個人の意見が成長し、同調が増える。これによって「あの局は偏向報道をしている」と大多数の意見として捉えられることになる。

なるほどな

メディアにも考えはあるからね

 

自分たちが有利になるように運ぶ

これは簡単だ。

自分たちが有利になるように事を運ぶためだ。

例としてスポンサー絡みがわかりやすいだろう。例えば何かしら事件が発生し、その班員を追いかけている際の情報提示についてだ。

・犯人は今年からA(スポンサーである会社)の社員

・犯人は去年までB(スポンサーではない会社)の元社員

・犯人は頻繁にジム(スポンサーの会社が経営している)に通っていた

・犯人は有名な車(スポンサーとは関係ない)に乗っていた。

このような場合だったとしよう。

そうなったら「犯人はBという会社の元社員であり、あの○○という車に乗って逃走中です」といった感じに報道するわけだ。

意見君
スポンサーに怒られないようにってわけだ
そゆこと

 

視聴率・部数稼ぎ

上の理由と似ているだろう。

要するに視聴者や読者に興味を持ってもらうためだ。政治でも与党アンチは結構多い。そうした人たちを喜ばせるために北朝鮮の脅威が迫っているときに「森友問題」ばかりを報道していたことは記憶に新しい。

これは単純に視聴率稼ぎ・新聞の部数稼ぎだ。

局地的に報道することで喜ぶ層がいる。公平に報道しないことでそういった層を喜ばせ、視聴率を稼ごうとしている。

ただ、成功しているかは微妙なところだ。

最近では偏向報道があまりにも酷すぎて視聴者から総スカンを食らうことも珍しくない。

 

ちなみにねつ造は禁止

偏向報道が日々ひどくなっている印象。

ただし、ひとつだけ絶対に犯してはならない領域があります。

それが「ねつ造の禁止」です。

事件を起こし、例えば犯人が普通の会社員だったとしよう。にもかかわらず、報道で「○○というテレビ会社の社員だった」とライバル局の社員を勝手にでっちあげるようなことは絶対に禁止である。

これは法に触れるので絶対にしない。

 

結論

偏向報道をする理由に関しては以上だろう。

偏向報道最近ひどく感じる今日この頃。

マスメディアにも考えや信念みたいなものはあるだろう。しかしそれが度を超えているというか、明らかに偏向報道をしようとしてやっているように見えて仕方がない。だからこそテレビ離れが加速しているのだろう、と予想する。

まあ、最近俺はテレビとか見てないから

このエントリーをはてなブックマークに追加