2030年問題は日本だけでなく世界的に深刻な問題となる可能性大

何度も取り上げる2030年問題だ。

今回は日本ではなく、世界の視点から見てみよう。

意見君
え?日本だけじゃないの?
違うぞ。世界的な問題だ

世界的に2030年問題が発生すると予想されている。その背景には今もくすぶっている問題ばかりで、やがて表面化すると予想されているものばかりだ。

世界の2030年問題

世界規模で発生する2030年問題だが、どういったものがあるのか紹介しよう。

具体的には3つだ。

☆バランス問題

☆労働問題

☆人口問題

☆水・食料・エネルギー問題

どれもこれも間近に迫った問題であり、今でもその火種がくすぶっている。表に出てくるのは時間の問題といえる。

 

バランス問題

まずはこちらから。

バランス問題というのは国家間のバランスである。世界には様々な発展途上国が存在する。

その中にあり、現在もっとも力を上げつつあるのはアジアだ。その中でも中国”は2030年代に世界最大の力を持つと言われている。

単独でアメリカを超えるだろうと予想されている。これによって経済の中心は中国に移るだろう。ただ、欧米諸国やアメリカがその独走を許すとは思えず、世界のバランスにヒビが入る。

余談だが、中国政府は「2030年までにAIで世界的リーダー」と目指している。その通りになれば中国の力は絶大なものになりそうだ。

 

労働問題

この問題は人工知能が関係している。

こちらの記事で説明しています。

2030年には人工知能が発達し、人間の仕事が激減すると予測されている。あくまでも予測なので何ともいえないが、絶対に来るであろう未来なのでこの問題は避けられない。

日本だけでなく、世界中でリストラの嵐が叫ばれる。

急速に人工知能が発達し、実際にリストラの嵐となれば暴動が発生する。テロなども発生し、不安が広がる。

 

人口問題

世界では人口がどんどん増えている。

そして、国際社会では高齢化が進む。労働の問題にも関わり、食料やエネルギーの問題にも関わってくる。

意見君
高齢化って日本だけじゃないの?
世界的な問題だ
意見君
でも、人口増えてるじゃん


2015年の世界総人口は73億4947万人。2030年には世界の人口が80億人を超える。

確かに子供は多く生まれているが、日本を筆頭に高齢者が多いのは事実である。日本以外の国では「イタリア、ドイツ、ポルトガル」などが高齢化を加速させている。

高齢化した国は生活水準を維持するのが難しい。日本でもそうだが、世界中でも似たような国々が苦しい生活となる。国内情勢が厳しくなると、暴動・テロなどに派生する恐れがある。

 

水・食料・エネルギーなどの問題

人口の増加に伴って発生するこの問題。

当然ながら水や食料が必要となってくる。エネルギーのほうは2030年ならばさほど問題ないだろうが、水や食料は結構深刻だ。

食料需要は2030年までに35%以上増えると見込まれる。しかし食料生産の伸びは遠く及ばない。

世界では2018年現在でも10億人余が安全な飲料水にアクセスできておらず、食料不足も数億人いるとされているのが実情だ。今後ますます需要が高まれば水資源を巡って争いも起こるだろう。

日本にとっても他人事ではない。

日本は食料自給率が圧倒的に低く、輸入に頼り切っている。世界人口が増加し、食料不足になれば日本に入ってくる食料は当然減るし、輸入するにしても莫大な資金が必要となる。

 

まとめ

世界中で2030年問題は訪れる。

これら4つの問題点だが、さらに怖いのは加速して国が立ちいかなくなった場合だ。例えば「水、食料不足問題」が厳しくなったらどうだろう。争い、テロ、戦争なども頭に入ってくる。

不安を煽るわけではないが、上記4つは”確実にやってくる問題”である。

個人でどうにか出来るレベルの問題でないのが残念だが、俺は個人的に野菜でも育ててみようかなと思う(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加