2018年の沖縄県知事選挙は大注目|自民党総裁選よりも重要度は高い

巷では自民党総裁選挙が注目を集めているだろう。

しかしここで注目したいのは「沖縄県知事選挙」である。むしろ国の情勢や行く末において重要なのはこちらの選挙ではないだろうかと個人的に思っている。

翁長雄志知事が亡くなられ、急きょ開催されることになった2018年沖縄県知事。結果次第では様々な展開や未来が予想できるだけに日本全体が注目をしたほうがいいと言いたい選挙である。

今回は2018年沖縄知事選挙について触れていこう。

日程について

まずは日程についてです。

翁長知事死去に伴う知事選の日程を9月13日告示、30日投開票と決定した。

当初、任期満了に伴う知事選を11月18日に投開票としていたが、上記の理由のため公職選挙法に基づき50日以内に実施するため日程を決め直した。

日付 行事
9月13日 公示
9月30日 投開票
10月某日 当選証書授与
意見君
すぐに行われるな
俺 
注目だ!!

さらに、だ。

沖縄県ではこの選挙にあわせて6つの選挙が同時に開催される。

選挙名 備考
沖縄県議会議員補欠選挙 ※予定
那覇市選挙区
うるま市選挙区
石垣市選挙区
宜野湾市市長選挙 ※予定
うるま市議会議員選挙

 

注目ポイントはどこ?

注目ポイントは決まっている。

前回の選挙は「現職(当時)の仲井眞弘多知事」が自民党などの推薦を受けていた。そこに立ち向かっていったのが社民・共産・生活の3党の県連などから推薦を受けた”翁長氏”であった。

結果は翁長氏が大差で勝利し、知事就任となった。

候補者名 得票数 得票率
翁長雄志 360,820票 51.7%
仲井眞弘多 261,076票 37.3%
下地幹郎 69,447票 9.9%
喜納昌吉 7,821票 1.1%

辺野古新基地建設反対を掲げていた翁長知事はいわゆる「オール沖縄」という勢力だ。こちらは共産党・社民党がバックアップしていた。一方、自民党は国政における連立パートナー・公明党や日本維新の会とともに候補者を支援して敗北した形になった。

その後、沖縄と国は基地問題で大揉めになったのは周知の事実だろう。沖縄独立などという話もちらほら耳に入ってきたり、不穏な空気が漂っていた。

2018年の選挙の注目ポイントは沖縄の方々がどちらを選ぶのかだ。

元々、体調が崩れるまでは翁長知事が”オール沖縄勢力”として出馬する予定だった。政府との対立が続く翁長県政だったが、野古新基地建設の是非が争点となる選挙と目されていた。

 

オール沖縄が崩れ気味

ポイントはオール沖縄勢だろう

この「オール沖縄」という言葉は、普天間飛行場へのオスプレイ配備撤回運動に沖縄県の全市町村長が形式上賛同したことがきっけかとなって生まれた言葉だ。沖縄県内のマスコミが度々使用し、それが広がっていく形となった。2014年沖縄県知事選挙で辺野古移設反対派の翁長氏を支援する動きで表面化し、全国に名が知られるようになった。

実際に2014年の選挙で圧勝している点からも当初の人気っぷりがわかるだろう。

ただ、2016年頃からすこしずつ勢いに陰りが差した。初の敗北を喫すると、翌2017年には「宮古島市長選挙・浦添市長選挙うるま市長選挙」を3連敗するなど完全に失速していた。

そして、2018年だ。

沖縄市長選挙でも敗れ、最後の大一番として挑もうとしていたのが県知事選挙であった。オール沖縄の巻き返しか、あるいは逆の結果となるかと注目されていたなかで翁長知事が亡くなられ、混乱が広がった。オール沖縄としては翁長知事の弔い合戦として挑む形になる。

 

決戦は一騎打ち

沖縄県知事選挙は一騎打ちになる。

オール沖縄からは翁長氏の後継として玉城デニー氏が候補として立ち、自公維推薦の佐喜真淳氏と一騎打ちとなる。その中にあって辺野古新基地建設問題が最大の焦点となる。

この問題に関する両者の姿勢。

玉城デニー氏

「私はかねて翁長知事の姿勢を尊敬していた。真の沖縄の保守政治家でありながら、沖縄の歴史や伝統、風土、生活に根差し、沖縄が将来自立する道を探っていたこと、これ以上沖縄に新しい米軍基地はいらないと断言していたこと、全てが翁長知事の遺志だと思う」

佐喜真淳氏

「(普天間飛行場の)移設先は後日しっかりとお答えしたい」と述べるにとどめ、明確な賛否は示さなかった。普天間飛行場返還については「街のど真ん中にある飛行場を一日も早く返還することが必要だ。固定化はあってはならない」と早期の返還を訴えている

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00008742-bunshun-pol&p=2

佐喜氏は辺野古移設の是非には触れていないが、国との関係を良好にしたいという発言をしている。

沖縄県民がどう選択するのか注目だ。

意見君
玉城氏は翁長知事の考え通りでいくのか
佐喜氏は国との関係を良好にしたいらしい
意見君
結果次第ではどうなる?
政局に関わってくるだろう

まとめ

この沖縄県知事選挙はとても意味が大きい。

沖縄だけでなく、日本全体にとって非常に大きな意味合いがある。ここでの結果次第によって国と沖縄の関係が大きく左右するだろう。

はっきりいって自民党の総裁選よりも注目度は高いと思っている。まあ、メディアは総裁選ばっかり報道するだろうけど(苦笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加