台風を消す方法ってあるの?弱める方法はあるが実施されるかは不明

台風は怖い。

窓ガラスは今にも割れそうに悲鳴をあげ、外に出れば鼓膜に響く暴風雨、そして今にも飛ばされそうな風圧が襲い掛かってくる。

この怖い台風を消す方法はあるのか?

意見君
ないだろ?
どうかな

今回はこの議題について触れていこう。

台風を消滅させる方法はある?

あるのであればすぐにでも実行してほしいところだが、実のところ昔から研究はされていたようだ。

誰でも考えられそうな方法が一つある。

それが「爆弾やミサイルといった兵器の力で台風を吹き飛ばせないのか」というものだ。まあ、多くの人間が一度は脳裏に浮かび上がったであろう方法だ。

答えは”不可能”である。

台風のエネルギーは現在人間が保有している兵器の数万倍、数十万倍の力がある。例え1発ぶち込もうとピンピンしている。もし、仮に吹き飛ばせるほどの兵器があったとしてもデメリットで地球が大変なことになる。

おまけに台風は海水温と上昇気流からエネルギーを得るわけだ。すこしくらい勢力が弱まってもすぐに復活する。

そう、残念ながら完全に台風を消滅させる手段はない。

台風を消すにはエネルギーを吸収させるか、拡散させるかの2拓である。そのどちらも大量のエネルギーが必要で、結局それに使用したエネルギーが地球温暖化を加速させ、結果として台風発生の原動力となる。

これでは何の意味もない。

消すというのは不可能なのだ。

では、人類は全然歯が立たないのかといえばそうでもない。もっとも、その方法にはリスクが非常に高く現実的ではないのだが。

 

弱くする方法ならある

実は弱くする方法なら存在する。

どちらも実施されてはいないが、2つの方法が考えている。

☆台風の子供にヨウ化銀を撒く

☆海水の温度を下げる

 

台風の子供にヨウ化銀を撒く

人類は台風に勝てないが、それでも試行錯誤はされていた。

アメリカ軍は、発生初期の台風にヨウ化銀という物質を散布することで雨を降らせて台風のエネルギーを消耗させる研究をしていたらしい。

この案は効果があると予測されていたものの、環境的な理由から断念された。効果が出るほどヨウ化銀をまいたら凄まじいほどの資金が掛かるし、ヨウ化銀を撒くことは環境汚染にもつながるからだ。日本からも抗議し、結局この案は廃止となった。

 

海水の温度を下げる

台風の勢力を弱めるには海水の温度を下げるという方法だ。

台風は温かい海水で成長する。温暖化の影響で海水が暖かくなり、年々台風の威力がアップしている。逆にいえば海水の温度が下がれば台風の威力が低くなるわけだ。

超大量の冷水を海に流し、海水温度をさげるという方法が考えられる。

実は日本でもこの方法が注目されている。数年前に三重県のある会社が「潜水艦で海水温度調整」という構想をまとめ、日本とインドで特許を取得した経緯がある。理論上は可能となっているが、現在ではまだ形に移してはいない。いろいろと折り合いがつかないこともあるようだ。

 

台風を消す&弱めるのはリスク

弱める方法は考えられているが、実施はされていない。

その理由がある。

台風は水不足を解消してくれるからだ。

確かに台風は被害をもたらしてくれる怖い存在ではあるのだが、しかし昨今の温暖化で日本は水不足問題に陥っている。その為、台風は重要な水を運ぶ資源でもあるのだ。

また、台風を弱めるような方法が見つかったとしても地球環境にとっては悪影響の方が大きいと推定される。地球における熱の循環が狂う恐れがある。海水が必要以上に冷やされれば海流が止まってしまう可能性がある。そうなったら漁業に影響が出て、様々な方面に波及する恐れがある。

 

結論

残念ながら台風を消す方法はない。

弱める方法はあるが、実施されるかは不明だ。自然のものを人工的にどうにかしようというのはリスクでしかないだろう。

個人的には反対だ。

自然とは共存すべきだし、自然の行いに関して手を出すのはよくない結果となるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加