パワハラ問題がスポーツ界で多発する原因は?対策を考えてみた!!

パワハラ問題が騒ぎになっている。

テレビでも新聞でも、ネットニュースでもこの話題ばかりだ。

意見君
多いよね、最近
そうだな。爆発的に増えたな

 

しかも決まったようにある業界というか、スポーツ界ばかりだ。どうしてスポーツ界で多いのか。今回はその辺りについて考えていこうかと。

あくまでも個人の考えなのであしからず。

パワハラ問題がスポーツ界で多い理由

スポーツ界でパワハラ問題が取りざたされるようになってきた。

レスリング、陸上、体操など様々な競技でパワハラ問題が起こっている。テレビでも連日取り上げられ、国民の関心を集めている大きな議題といっていいだろう。

ここで疑問だ。

意見君
全部スポーツだな
そうなんだよ

 

何故、スポーツ界で多いのか?

理由については各競技掘り下げていけばあるのだろう。連盟とか協会とかそういう組織間の問題についてもあるはずだ。しかし個人的に根底にある最大の原因は「スポ根主義」と考えている。

 

スポ根主義が原因だと言いたい

結局はこれだ。

スポ根主義である。ちなみにスポ根という言葉はスポーツ」と「根性を合成した言葉だ。ドラマでもアニメでも使われるので多くの人が耳にしたことがあるだろう。

スポ根は主人公というか、登場人物が厳しい特訓をしたり、苦しい状況を努力と根性で乗り越え、成長するというものだ。

スポーツ根性は日本に大きな影響を与えた。

特に昔はスポーツ科学面が発達しておらず、スポーツは練習と休息のバランスが重要ということがわかっていなかった。

その為に「スポーツで上手くなる&強くなるにはとにかく死ぬ気で練習する」が基本であった。

科学的な練習<<根性で倒れるまで練習

昭和の時代は間違いなくこれであった。

なので、年配の指導者になると科学よりも根性を優先する。つまりは無茶な練習や、ハードなトレーニング、ハラスメント的な指導である。別に擁護するなどないが、昔は練習中に水を飲まないのが普通であった。それがスポーツする上で最善と考えられていたからだ。そりゃもう今じゃ考えられないものだ。

この古い考えがまだ頭にある指導者が、自ら認識せずにパワハラを行っているケースがスポーツ界のパワハラといえる。

会社では意図的にパワハラを行うケースが多いが、スポーツ界では加害者が認識していないケースが多い印象を受ける。

意地悪や嫌がらせが目的ではなく、選手に強くなってほしいからこその「暴言や暴力が”指導”という考え方なのだ。

この考え方は今では時代錯誤だろう。ただ、これまで実際にこの指導方法で結果を出してきた競技(レスリング、体操)なので今まで問題視してこなかったのだろう。多分、パワハラについてはかなり昔から存在し、多くの関係者が認知していたように感じる。

意見君
悪意がないとか余計に厄介だな
そうなんだよ 
意見君
確かに、悪意があったら最初から指導しないしな・・・ 

 

対策はあるのか?

スポーツ界で多いのは周知の事実だ。

対策としては事件を広げて情報を入れるしかないだろう。そもそもパワハラの定義とは「職場の立場を利用して命令する・仕事の範囲を超えた指示・命令をする・相手に精神的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させるような行為をしている」である。

要するに権力を持っている人間が行うハラスメントである。

スポーツ界では「指導者」と「生徒」と厳格に分かれる。

この段階で問題は難しくなる。学校でも教師の体罰や暴言など問題になっているが、指導者が生徒を導くのは当然ともいえる。優しすぎたり甘すぎたりでは指導にならず、まったく技術や学力が上達しなかったという理由でバッシングを受けることになるだろう。

対策としては指導者を教育することだと思う。

指導者のほうにパワハラにならないような指導法を教えるという方法を提案したい。

時代錯誤にならぬよう、生徒のほうをケアできるように、また正しく導けるように指導者のほうを最初に指導するという形を取るのはどうだろう。

スポーツ界のパワハラは独裁者的に力を持った団体トップが関わることが大半で、彼らは誰かに是正されていない。

パワハラだけでなく、日大の問題でも、ボクシングの問題でも力を過度に持った権力者の存在が悪目立ちした。

スポーツ界を正すにはそういったトップの人たちを指導し、パワハラについての認識をしてもらうのが一番ではないだろうか。

 

まとめ

途中いろいろと変な文章になってしまった。

結論からいえば「昔ながらのスポ根が原因なので、指導者にパワハラについて教育するのがいいのではないか」ということが言いたかった。

昔はそれで良かったが、今は時代が違う。

日本のパワハラ問題は海外でも取り上げられ、話題に上がっている。世界からバッシングを受けぬよう、アスリートファーストを貫いてほしい。これで五輪ホスト国は恥ずかしい。

対策と勝手に考えてみたが、果たしてスポーツ界団体のトップたちに指導できるだけの人材が政治家とかにいたっけかな・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加