テレビがつまらなくなった個人的な理由ベスト10を発表

テレビが退屈でつまらない。

正確にはつまらなくなった。個人的にはそう感じている。年々見るのが辛くなってきた。

意見君
面白くないよね
そうだな

 

テレビ離れが叫ばれる昨今だが、原因はある気がする。今回は個人的につまらなくなってきた理由を書いていこうかと。

ランキングは個人的なものなのでご了承ください。

10位 シナリオがつまらない

シナリオの力量が低下している。

これは主に「ドラマ、映画」などだが、シナオリが単純につまらない。月9が全盛期のころは確かに出演者が豪華なのもあったが、シナリオが秀逸だった。

最近はシナオリがつまらなくなっている。

番組そのものがつまらないので誰が出ていようと面白味がない。また、似たような展開のドラマや映画にも飽き飽きだ。

 

9位 出演者の質が低下

これは個人的に結構深刻だと思う。

特にバラエティがそうだが、高齢化が目立ってきた。それはつまり新しく看板となるような出演者が出てきていない証明に他ならない。華がなくなってきたといっていいだろう。

ドラマでも映画でも出演者の質の低下が叫ばれている。

昨今はSNSの発達でTwitterを使って女優が炎上する騒ぎも多々ある。質の低下といわざるを得ないだろう。

 

8位 製作費がない

製作費がなく、しょぼい番組ばかりになっている。

爆発を派手に使えばいいってものじゃないが、最近の番組は地味でお金が掛からないものを選択している。

たまにそういうのもいいが、全部が全部地味というのはおもしろくない。

昔は派手に無駄遣いしていた。無駄遣いを肯定をするわけではないが、華やかなものがあってもいいだろう。

 

7位 ヤラセばかり

テレビのヤラセ問題は根深い。

インタビューに発言などヤラセが多く、視聴者は愕然としている。ヤラセの情報がSNSを通してバレており、その酷さが伝わってくる。

どの番組を見てもヤラセに映ってしまう。

ヤラセ嫌いな人は結構多い。

 

6位 個性がない

個性がまるでない。

どの番組も同じような内容ばかりだ。そりゃ政治や選挙が重要なのはわかるし、クイズ番組が人気なのも頷ける。

しかし全部が全部それでは視聴者は楽しくない。

このエントリーをはてなブックマークに追加