独身が増えている理由4選|対策というか日本はそもそも人口が多すぎる!

危惧すべき問題。

それが”独身者”の増加だ。

その増加率といえばここ数年圧倒的である。最近では30~40歳でも実家で暮らしている男女が増加していることは周知の事実だ。これには少子高齢化で親の介護をするという理由もあるが、しかし独身の理由のひとつとしても挙げられる点でもあるだろう。

意見君
独身増加って親と暮らすのが理由?
ひとつではあるが、全部じゃない

 

では、今回は独身が増えている理由について考えていこう。

とはいえ、この独身増加は個人的にはそれほど大きな問題ではない考えている。何故なら「日本はそもそも人口が多すぎるから」だ。

独身者が急増

独身者が増えている。50歳まで一度も結婚したことがない男性が4人に1人となっている。2035年には3人に1人になるとの試算だ。

2015年の段階では男性の生涯未婚率が約20%。女性の生涯未婚率が約15%。

意見君
へえ、別に少なくないか?
いや、多いぞ

 

比率だけみると、そこまで多く感じるかもしれない。

しかし生涯未婚率の割合は年々高くなっている。今後もさらに割合は増えるだろうと、予想されている。

結婚は出生率にも大きく関係している。このままでは将来的にさらなる少子高齢化となるだろう。

 

独身者が増えている理由は?

理由はいくつか考えられる。

個人的にこれがという理由を挙げてみる。

結婚には「結婚しない」パターンと「結婚したくでもできないパターン」があるが、今回は2つの観点から考えていこうと思う。

☆出会いがないから

☆自由が欲しい(ライフスタイルの変化)

☆お金がないから

☆親の問題

 

出会いがないから

まずはこれだ。

出会いがないという理由だ。中には「努力が足りない」と説教をしたくなる人もいるだろうが、昨今の日本の事情を考えてもらいたい。

若い世代は徐々に減ってきている。また、男女共にひきこもりの割合が増えそもそも社会に出ている人数自体が昔と比べれば減っている。自分の時間を大切にしたい、という考えが強い若い世代は酒の席やカラオケの参加も減っている。

出会いの機会は確実に減っているといえるだろう。

いや、正確には違う。自分に合う相手と出会う機会が減っていると考えるべきだろう。今ではネットの婚活サービスもあるし、出会い系などもある。出会おうと思えば簡単に出会える時代でもある。

だが、理想の相手に出会うのは難しい。むしろ増え過ぎたからこそ、逆に本当に出会いたい相手と出会えなくなっているのではないだろうか。

 

自由が欲しい(ライフスタイルの変化)

これも大きい。

結婚する際の理由のひとつ「一人が寂しい」というものがあった。

しかし今はそうではない。一人で楽しく生活することが簡単な世の中となった。パソコン・スマホがあれば退屈をせず暮らせる。

ライフスタイルの変化といえるだろう。

時代が変わり、様々な楽しみや生活スタイルが増えた。結婚だけがすべてではないという考えが広がり、趣味や仕事の多様化が考えられる。

 

お金がないから

最大の理由である。

結婚しない、結婚できないという理由の大半は実はこれだ。

結婚には莫大な資金が必要となる。普通はそれに向けて貯金をしておくのだが、今のご時世ではそうもいかない。様々な税によって賃金は低く、さらに今後も厳しくなるだろうと予想されている。

非正規の増加、税の負担、それによって女性は社会進出して恋愛に打ち込むことが難しくなった。

結局は”金”の問題であろう。

 

親の問題

意外と見落としがちなのはこれ。

意見君
冒頭でも書いてたな
うむ

 

実家暮らしの独身者が増え、今では30~40代でも結構実家で生活している独身者が多い。

親が甘いからといえる。

子供に甘く過保護な親が増えたことで、実家で暮らしている独身者が増えた。そのため、婚活を行わない人も結構いる。

ただし、この理由は難しい問題でもある。

お金が貯まらないから戻ったケースもあるし、親の介護のために戻っているケースも多々ある。今は介護施設も満室だし、自宅介護も多い。甘いと一概に切り捨てるのは誤りだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加