有給買取制度を解禁してほしい|今後可能性はあるのか?

日本の仕事(有給)が変わろうとしている。

その話題については先日の記事でも行った。

しかしおっさんは思うのだが、有給制度に変更を入れるのであれば「有給買い取り制度」の解禁をするのがいいのではないかと思っている。

意見君
そりゃおもしろいな
だろ?

 

会社員の給料アップ間違いなしだ。日本の有給消化率の低さから考えて非常に効果的だと思う。

有給買取制度を提案したい

まずはこの制度について説明を。

日本は有給の消化が世界に比べて劣っている。劣っているもなにも、最下位なのだ。

※https://rocketnews24.com/2017/12/11/992676/から画像引用※

このようになっている。

日本は消化率が悪すぎる。政府は遅すぎながらも対応として年5日の消化を義務化したが、それでも消化率がちょっと増えるくらいだろう。とても100%には届かない。

日本人は元来めちゃくちゃ働きものだ。

休みが悪いことという風習もある。だからこそ「有給を買い取ってもらう制度」を導入してほしい。

 

日本では買い取り不可な現状

意見君
いい制度じゃないか
でも、ダメなのだよ

 

日本では有給の買い取り制度は解禁されていない。

理由もしっかりしている。企業が有給を付与する目的と異なるからだ。有給というのは「一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復するのが目的」というものだからだ。

だからこそ「休まないで働く代わりにお金を貰う」というのは本末転倒になり、意味がないという理由で解禁されていない。

意見君
なるほど、そりゃダメだ
でも、いい制度だと思うけどな

 

ただし例外がある

解禁はされていないが、会社によってはこの制度を導入しているところもある。

有給休暇を取得しないでいた場合、取得する権利は2年で消滅するという法律がある。あらかじめ買い取ることはできず、有給休暇が労働基準法39条で定められているからだ。だから買い取りが禁止されている。

だが、2年の時効で消滅してしまった時に会社が消滅した分の有給休暇相当の金銭を支払うことは違法ではないのだ。

何というホワイト企業だろうか。

そういう会社もあるので、会社に聞いてみるといいだろう。

まあ、そういういい企業は早々ないだろうけど。

しかし2019年から5日消化が義務化される。これによってすこし動きがあるかもしれない。今までの会社方針から異なる可能性もある。

 

今後について考えてみる

これは良い制度だと思ったが、しかしこの制度は従業員にはありがたいものの会社側にはデメリットしかない。

従業員は消化できなかった分を給料にできるというメリットがある

会社にとってはメリットはなく、むしろデメリットばかりだ。会社が有給を買い取るメリットは低い。それ故に「今後も解禁はないだろう」と思われてきた。政治家にしても長いこと有給消化不足について対策をしてこなかった。

ただ、今後買い取りが解禁される可能性が一気に浮上してきたと考えている。

それは政府がついに有給消化を義務化したからだ。

日本の有給消化率を考えれば当然だが、これは大きな一歩といえる。消化率が100%を迎えるのはまだまだ時間を要するだろうが、消化を促したり、従業員を大切にしようという動きが活発化しているような印象を受ける。

そういった理由もあって解禁が近いかも、と思っている。

 

結論

個人的には解禁してほしい。

そもそも日本では消化率100%は永遠に無理そうだし、それならばいっそのこと諦めて買い取りにしてもいいと思う。

会社側からしたらキツくなるし、急には無理だとは思うが可能性はあるだろう。消化率の低さで従業員たちが暴動でも起こさない限り無理っぽいかな。でも、このままじゃ消化率アップする気がしないけど・・・

とりあえず年5日の義務化で様子見といったところか。

このエントリーをはてなブックマークに追加