ユーチューバーが衰退するとしたら原因は何か考えてみる

将来なりたい職業の上位に食い込むようになって久しいyoutuber(ユーチューバー)だが、いつまでも人気が持続するわけではない。

そう、必ずブームは衰退するものだ。

意見君
アイドルとかもそうだしな
まあ、永遠じゃないわな

 

では、youtuber衰退する可能性はあるのか?

結論からいえば特別なことがない限り衰退はないと考えている。ある程度になったら止まりはするだろうが、しかし可能性がないわけではない。

今回はその辺り考えていきたいと。

衰退はするのか?

衰退と書いたが、今はむしろ逆だろう。

絶好調といっていい。

次々とyoutuberとして参入しており、その広さは留まることを知らない。素人、芸人、アスリート、vtuberなど様々だ。ジャンルにしても「雑談、企画、運動、釣り、ゲーム、茶番」などもう細分化していったらキリがない。

テレビを個人で放送し、視聴者はタダでそれを観ることができる。無敵といっていい。

なら、衰退などするのか?

可能性としては「規制・炎上」だろう。むしろこれ以外では考えられないくらいだ。後はこの「規制・炎上」と複合して、他サイトの台頭か。

意見君
どういうことだ?
説明しよう

 

規制で衰退?

youtubeは年々規制を強化している。

特に収益化については結構厳しくなり、youtuberを目指している人にとってはハードルが高くなっているといっていい。

といっても、これは当たり前のことだ。

転載動画で稼いだり、明らかな著作権違反で稼ぐような手口はyoutube側として許せるはずがない。だからそういった違反者がいたらしっかりと制裁を加えるのは当然である。

2018年1月には「チャンネル登録者1000人・4000時間以上」がないと収益化できないルールになった。

2018年8月にはさらに規制が強化されたという噂があり、有名youtuberが相次いで動画を削除するという事態になった。

この調子で規制が強化されれば今後衰退の可能性も・・・

 

炎上で衰退?

youtuberに付きものなのが炎上だ。

過激な動画をアップして炎上したり、不祥事を起こして炎上したりする事はザラにある。

youtuberはテレビのタレントと変わらない。個人で放送し、個人がタレントになる。注目度は高く、Twitterで「誰々を見た」といった報告もある。

最近の動画は再生回数のために過激な企画が多い。冗談で済むのなら全然問題ないが、実際に逮捕された件もあり、世界からバッシングを食らった動画もある。

そう、炎上をすると人気がガタ落ちになる。

さらに考えられるのは炎上が連続して続くと、youtube側にも苦情がいく。実際に炎上したときに「youtubeはどうしてこいつの広告をそのままOkにしているのか」といった感じの苦情が噴出した。

今後、炎上が増えればyoutubeがバッシングを受け、youtuberに対して規制を厳しくする可能性もある。

 

他サイトの台頭

youtubeといえば動画投稿サイトの王者である。

ただ、最近になって類似している動画サイトが台頭してきている。

さすがに衰退はないと思うが、新規参入者が他サイトにある程度流れるのは仕方ないだろう。配信者や動画投稿者が増え、そういった意味では配信者としては生き残りやすくはなるだろうが。

ただし「youtuber」だけを切り取れば、上記のような規制の影響もあって微減していくだろう。

まあ、最近重いから利用する側としては助かるが(苦笑)

 

結論

結論として衰退はないと思う。

youtuberはこれからも人気だろうし、しばらくは上り調子は続いていくだろう。ただ、ブームはいつ必ず費えるものだ。今後万が一の事がないとも限らない。

特にありそうなのが規制関係――

日本は特にテレビも規制関係でつまらなくなった背景があり、youtuberも炎上絡みから規制強化という方向に行きそうな気がしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加