eスポーツはなぜスポーツなのか?名前の変更を推したい

eスポーツが認知されてきた。

以前までは「ゲームが競技のわけないだろ」といった意見が根強かったが、最近では競技性の高いゲームが多々あり、認知され、人気もアップしてきた。その為、eスポーツを認めている人が多い。

だが、根強い反対意見もある。

意見君
スポーツじゃないだろ
その意見だ

 

どうして”スポーツ”なのだろうか。普通に「eゲーム・競技遊戯」とかそういう感じでいい気がする。個人的には名前の変更を要求したい。

なぜスポーツなのか?

eスポーツは遊戯(ゲーム)だ。

遊戯の中にも例えば「チェス・将棋・マージャン」などは盤上遊戯と言われるが、立派な競技として認識されている。チェスやマージャンは世界大会まで開かれ、非常にメジャーな遊戯であり、競技である。

ただ、それらはスポーツとは言わない。

にも拘わらず、eスポーツは「ゲームでありながらスポーツ」という表現をする。

何故なのか?

意見君
理由は?
多分ある

 

☆オリンピックに派遣したい

☆スポーツの持つイメージを利用したい

☆スポンサー集めのため

 

オリンピックに派遣したい

これはそのままの意味だ。

チェス・マージャンはオリンピックに参加しない。それはスポーツではないからだ。スポーツという名称ならばオリンピックに参加が可能となる。

意見君
参加してどうするの?
イメージアップ狙いだろう

 

そう、この「イメージアップ」が大きい。

 

スポーツの持つイメージを利用したい

つまりは、これだ。

ゲーム=遊ぶもの

どうしたってこの印象が強いのは仕方ないことだ。あえて「eスポ-ツ」という表現を使うことでスポーツが持つ「明るい、元気、活発、競技」といったイメージを利用することができる。

 

スポンサー集めのため

スポーツを謳えばイメージがアップし、スポンサーを容易に集めることができる。

単なるゲームよりもスポーツという名前を付けたほうがスポンサーを集められる。ゲームのままで行くよりはイメージとしていいという発想からだ。

 

理由はスポーツの利用

結局「eスポーツ」という名前にしたのはスポーツが持つイメージを利用したい考えだとわかる。

勘違いをしている人が結構いるが、日本では「スポーツ」を「運動」と訳すことが多い。しかしそもそもスポーツには運動だけなく「楽しむ・競技」という意味がある。

だから別に意味合いは間違っていないのだ。

故に「eスポーツ」という表現も間違っちゃいない。

ただ――

個人的にはスポーツという表現には反対したい。

 

名前を変更してほしい

日本でもちょくちょく流行しているeスポーツ。

狙い通りなのかオリンピックにも選ばれそうな勢いだ。

個人的にゲームは競技性のあるものだと考えているのでプロ化し、人気が加速するのは非常に嬉しい。昨今の流行にはニコニコしている。

だからこそ、アンチの「スポーツじゃねえだろ」という言葉を聞きたくない。

それゆえに名前を変更してもらいたい。今の人気なら「プロゲーマー」とか「ゲーム競技」で普通にいいはずだ。スポーツのイメージを利用しなくてもスポンサーは集まるだろう。

こちらの記事でも話したが、別にオリンピックを目指す必要もなく、いずれは「ゲームW杯」とか「世界大会」を開催すればいいはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加