レシートには何の意味があるのか?いらない場合は店員に直接言うのがおすすめ

ふと、思った。

レシートに何の意味があるのかと。

意見君
急にどうしたんだよ
レシート貰って思っただけ

 

何の意味があるのだろうか、あのレシートに。領収書とは違うようだし、いらないのに貰うのは何故だろうか。

今回は気になるこの点についてすこし書いていこうと思います。

レシートの意味

意味についてだが、レシートを渡すことが金を支払った証明になる、というものだ。ここで思い浮かべるのは領収書だろう。

そもそも領収書との違いから。

領収書=レシート

実はこれだ。日本後の領収書という言葉を英語にすると「レシート」になる。とはいえ、若干の違いはある。

両者の違い

☆宛名がある

☆ 取引の証拠となる情報が載っている

☆ 印字ではなく手書き

レシートは請求されたら渡さなければならないが、言われなければ不要である。

話題が逸れてしまったが、レシートはそう「料金の支払いをした証明」である。

意見君
想像していた通りだった
まあ、わかりやすいよな

 

レシートがいらない場合

レシートがいらない場合は結構多かったりする。

そもそも家計簿をつけるくらいしか目的はないだろうし、邪魔だと感じている人も多いだろう。

普通にどこで買い物してもレシートを貰うが、レシートが不要の場合は店員に直接「いらない」と発言しよう。店員をしたことがある経験から言うが、これはもう直接言ってほしい。別に迷惑ではないし、手間でもない。

 

レシート(感熱紙)は何ごみ?

レシートを持ち帰り、家計簿をつけるという人も多いだろう。

財布に保存しているうちに溜ってしまい、処理したいと思うときもあるだろう。

意見君
家庭ごみの分別はどこに出せばいいの?
簡単

 

答えは基本的に「燃えるごみ」だ。

ただし、地方によって様々なルールがあるので事前にゴミ出しで確認してください。最近では燃えるごみが多いが、地方によって異なるので注意が必要だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加