紙媒体の今後はどうなる?電子媒体に勝てるビジョンは見えない?

今ではすっかり電子媒体が主流となった。

つい15年ほど前までは「電子媒体とか絶対流行らないし、流出が怖い」とまるで流行する兆しはなかったのだが、便利な電子媒体が一気に勢力を拡大させてきた。

無論今でも「読書は紙」という派の人間は多くいるし、あえて紙媒体を利用している人もいる。

意見君
おまえも紙媒体派だよな
本だけはそうだな

 

確実に紙媒体は衰退しようとしている。

個人的には紙媒体はさらに衰退していくと考えている。だが、それでも書籍のジャンルにおいては紙のほうがまだまだ数十年強いと予想している。

紙媒体の今後はどうなる?

今後についてだが、結論から言えば「衰退の一途」でしょう。

紙媒体はそもそも手間が半端じゃない。

例えば書籍になるが、今ではすべてデータ入力となる。作家が執筆する段階からすでにパソコンでデータ入力する。余談だが、今では新人賞でもデータで応募することが主流となった。つい数年前までは「印刷」したものを応募していたが、それすらもなくなった。

徐々にすべてが「電子化」されてきている。

この流れは確実に加速する。

利便性からいっても必ず電子媒体のほうが台頭してくる。特に危ないのは「新聞」で今ではネットニュースのほうが圧倒的に早くてわかりやすい。今後情報は動画配信メディアなどがトップに立つだろう。

では、紙媒体は消滅するのか?

消滅まではさすがにないかと思うが、減少していくのは免れないだろうと予想する。

 

書籍は崩れない

確かに電子媒体は強い。記憶性もケタ違いだし、場所を取らないし、かさばらないし、便利だ。

ただし、その中にあって紙媒体が未だに強いのが「書籍」だ。

2017年のデータだが、紙媒体が全体の8割以上を占める結果となった。

電子書籍も登場したばかりと比べたら右肩上がりで、今後も伸びていくがどうしても紙媒体のほうが強い。そもそも電子書籍の場合は端末が必要だし、なによりも値段が高い。

意見君
紙のほうが高くないか?
中古は安いだろ?

 

そう、中古の本は非常に安価で購入できるので値段勝負しても紙媒体に軍配が上がるのだ。電子書籍の場合は中古とかない。

 

予想結論

個人的な推測まとめ。

今後は書籍以外のすべてが電子媒体強しと予想する。恐らくそのように推移していくでしょう。

紙媒体は修正がむずかしく、さらに情報拡散能力が低いことから衰退の一途をたどっていく。

ただし、書籍や文献などは記録として残るというメリットがある。数年、数十年、それ以上保管することも可能だ。Webではサイトが行方不明になることも多々あるし、情報の出どころが不鮮明な悪いサイトもある。

それでも電子媒体強しかな(苦笑)

なので、文献や書籍はある程度残っていき、他は電子媒体が勢力を伸ばしていくと予想する。

このエントリーをはてなブックマークに追加