ハロウィンが日本に関係ないという批判はすこしばかりお門違い

ハロウィンは日本に関係ない。

こういった批判の声は昔から多々あった。この批判はまあ事実ではあるのだが、しかして考えてもらいたい点がある。

日本はそれほど伝統にガチガチな国だろうか?

意見君
急にどうした?
ハロウィンでちょっとな

 

個人的にはそう批判することはないと考えている。

何故なら日本はそもそもいろいろな行事や宗教を受け入れている国だからだ。

ハロウィン馬鹿騒ぎに関して

そもそもハロウィンの起源について。

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源とされている祭りのことで、元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教のようなものだった。

そう、日本要素は全くない。

ではどうして日本でハロウィンが流行しているのか?

答えは簡単で「商業企画」だ。

要するに「クリスマス」や「バレンタイン」と同じで、日本には本来全然関係ないけど商品を売るために企業によって作成されたブームである。大半の日本人はそれを理解していて、あえて乗っている。

お祭り感を味わうためだ。

意見君
ありがちだな
まあな

 

批判について

このハロウィンについては批判が多い。

日本に関係ないイベントだから、馬鹿騒ぎをする、ゴミを出すから、意味が分からない等々――

まあ、馬鹿騒ぎなどについては擁護のしようもない。気持ちはわかるし、意味不明なのは否めない。東京ではコスプレして練り歩くようなイベントだが、本来そういう意味ではないのだが。

しかし「日本に関係ないイベント」という点については違うと思っている。

 

関係なくてもいいじゃないか

個人的には関係なくても盛り上がってかまわないと思っている。

むしろハロウィンだけではないだろう。気付いていない人はいないが、日本はかなり魔境な国である。

例えばクリスマスだ。これは日本には関係ないし、初詣には神社、葬式はお寺、にも関わらず結婚の主流は教会というめちゃくちゃ国である。

意見君
確かに言われてみればそうだな
めちゃくちゃすぎるだろ

 

日本はそもそも神道、仏教が多いがいろいろな宗教がある。なのでもう、これは言いっこなしでいいと思う。

クリスマスを祝い、神社で初詣をして、結婚も寺と教会にわかれる国というカオスな国である。別にハロウィンが流行しても全然おかしくはないし、ハロウィンを祝ってもおかしくもない。他におかしなところあるし。

今後ハロウィンはさらに流行っていくと予想される。

おかしな騒ぎをするのは勘弁だが、今後日本で定着していくだろうと予想している。

このエントリーをはてなブックマークに追加