ニコニコ動画のプレミアム会員がついに200万人割れ!完全に終わった感が漂う!

ニコニコのオワコン化がさらに加速している。

ついにプレミアム会員が200万人を割った。

全盛期には250万人を突破し、国内最高の動画サービスとして知られていた。ここまで落ちぶれるとは全くもって――

意見君
予想通りだった
だな

 

ニコニコのオワコン化に関してはこの記事で詳しく書いてあるので、よろしければご覧ください。

プレミアム会員が200万人割れ

カドカワが11月8日発表した2018年4~9月期決算。

そこでニコニコ動画の有料会員である「ニコニコプレミアム会員」は9月末で194万人になり、とうとう200万人を割った。

この背景には他サイト(youtube、abemaTV)の台頭がある。この2つの動画サービスは無料ながらニコニコよりも高性能であり、有料サービスを利用するメリットが低いと言わざるを得ない。

超会議とかのイベントに偏重しすぎたのも原因だろうと考える。

ニコニコ動画はユーザーが減ると面白さも減少する。そもそもコメントが楽しみなのに、人が減ればコメントも減る。おもしろさも半減して人は離れていくという悪循環になる。

ちなみに推移。

2016年9月末 256万人 全盛期
2016年12月末 252万人 初の減少
2017年3月末 243万人 減少加速
2017年12月末 214万人 恐ろしく加速

 

200万人割れの反応

 

今後まだまだ減る

200万人を割った。

しかし、実のところニコニコ自体はすこしずつ復活してきている。アクティブユーザーは伸びてきており、これは新しいサービス”バーチャルキャスト”の力も大きい。

意見君
復活か?
ムリだ

 

復活に期待したいが、それはもう無理ってものだ。大体ニコニコは30代以降の年齢層が支えており、10代はほぼ見ていないというデータが出ている。10代には無料の「youtube」や「abemaTV」があり、ずっと使い続けると予想される。

有料のプレミアム会員はドンドン減っていくだろう。

もう有料で低サービスの時代は終わった。今後は無料or特化した動画配信サービス(具体的にはアマプラ、dアニメストア等)といったものがさらに勢力を伸ばすと予想する。

このエントリーをはてなブックマークに追加