転売のどこが悪いの?違法な場合と合法の場合について説明します!

最近になって批判が強い「転売」という行為。

これはもう社会問題といっても過言ではなく、国民からの怒りの声が集まっています。

意見君
転売屋は許せないよな
怒ってるな

 

しかし、ここでひとつ疑問も。そもそも転売はどこが問題なのだろうか。よく考えてみれば小売業とそれほど違いはないような感じもします。

転売はどこが悪いの?

まず、転売が悪いのかという点についてみてきましょう。

基本的に”転売”という行為そのものは違法ではないのです。

[名](スル)買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。「土地を転売して差額をもうける」

goo辞書

そう、辞書では土地を売買して差額を儲けることであると説明されています。

意見君
転売って行為は違法じゃないのか?
正確には違うな

 

転売自体が法律で完全に禁止されていたら、リサイクルショップもオークションサイトも違法になってしまいます。つまりは、基本的には合法です。

転売においては「利益目的で定期的な転売をする場合は古物許可証が必要」というだけで、転売自体は禁止されていないということです。

ざっくり結論だけいうと”転売は許可を取っていれば基本的にはOK”というのが結論になります。

でも――

例外もあります。

 

アウトなケースもいっぱい

転売は基本的にはOKという結論。

しかし世の中には逮捕される人間がいたり、人に恨みを買っている人も多くいます。それは何故でしょうか?

アウトなケースがあるからです。

☆チケットは基本アウト

☆許可を取っていないのはアウト

☆ニセモノは絶対アウト

 

チケットは基本アウト

転売といって思い浮かぶのがチケットでしょう。

ライブなどのチケットがオークションサイトに出回ったりしていますね。買えなかったという不満の声がTwitterに流れることもしばしば。

転売目的の大量チケットの転売はアウトです。

こちらは迷惑防止条例で違法と定められています。都道府県の条例に従って、逮捕されます。実際に逮捕された例もあります。

ただし、譲渡などの場合によっては例外もあります。

例えば用事が出来てしまい、人に定価以下でゆずる場合はセーフとなります。あくまでも違法となるのは営利目的の場合のみであり、用事が出来てしまった場合などはセーフです。

 

許可を取っていないのはアウト

そもそものルールです。

転売のルールとして「利益目的で定期的な転売をする場合は古物許可証が必要」とあります。

この許可証がなければアウトです。

転売で扱っているものは大半が古物です。この許可証がなければ違法となります。

 

ニセモノは絶対アウト

最大のポイントです。

最も逮捕が多い事例はこれでしょう。ニセのブランド品を取り扱ってしまった場合です。転売として多いのは「海外でブランド物を買ってきて、それを売却」というものでしょう。

しかし、ニセのブランド物を売ってしまったらアウトです。

さらにアウトとなるのは「ニセのブランドと知っていた」場合については悪質すぎて絶対にアウトです。

 

悪ではないがイラっとする

いろいろと書きましたが、転売自体は違法と合法どちらもあります。もっとも、イライラする気持ちはわかりますがね(苦笑)

ファンでもないくせに大量に買い占めて売却する輩はもう、ホントに迷惑であり、本物ファンからしたらブチ切れますね。

おっちゃんも前にゲーム機を購入しようとして転売屋にすべて買われていて頭がどうにかなりそうでした。まあ、結局高くて買わなかったのですが。

ただ、転売自体は犯罪ではないし、むしろ先見の明があると褒めたい気持ちがある人もいるでしょう。

問題は転売をする人の中には上記で挙げたような違法な連中ですね。

特にチケット関連についてはこれまで遅れ気味だった法のほうも最近の転売騒ぎで法整備される可能性もあります。アーティストのほうでも転売に関する声明が出ており、徐々にではありますが追いつめているといった状況――

転売屋が嫌いという人は「転売屋からは買わない」を徹底するのがとりあえず出来る対策かと。

このエントリーをはてなブックマークに追加