チケット転売規制法が成立へ!悪質転売屋はこれで消えるのか!?

ついに転売に規制が入るようです。

これは転売大嫌い勢からしたらうれしいですね。まあ、規制するのが遅かったという意見も多かったでしょうかね。

とはいえ、これは大きな一歩となるでしょう。

意見君
やったぜ
さて、今後どうなるか

 

ただこの法案が成立したとしても悪質な転売屋が完全に減るとは思えないですね。

さて、この法律について見ていきましょう。

チケット転売規制法

まずはこちらの法案を。

この「チケット転売規制法」ですが、ライブやスポーツの入場券の高額転売を規制する法案です。

与野党が衆院文部科学委員長提案として衆院本会議に提出することで合意。プロ野球チケットなどが大量に買い占められ、インターネット上に高値で売りに出されるケースが増えて社会問題となっていました。

数倍、数十倍となるケースもありましたね。

政府は2020年東京五輪パラリンピックを見据えて対策を講じてきました。オリンピックでも転売屋が暗躍することは目に見えているので当然でしょうか。

法案は12月4日の衆院本会議で可決、参院へ送付される予定となっています。

この法案ですが「利益を得るための定価を超える金額でのチケット転売や、不正転売目的での譲り受けを禁止する」ことが内容となっています。

 

この法案でどうなるのか?

これまでのチケットの大量転売は「迷惑防止条例で違法」とされていましたが、今後は法律で違法となります。

まず、不正な業者は摘発されるでしょう。

それによって数は減少することになります。不正な転売屋はその数を減らすことになるのは喜ばしい。

また、この法案はあくまでも「利益を得るための定価を超える金額でのチケット転売や、不正転売目的での譲り受けを禁止する」なので、今までのように用事で仕方なく行けなくなった場合に他人に定価以下で譲渡する行為はセーフ、という認識で大丈夫でしょう。

ただし、この法案だけで不正転売をする輩が全部いなくなるのかといえばそうではないと思います。TwitterやLINEなどで個人が裏でやってるものは不可能だと思います。

個人的にはチケット規制はだけでなく、座席による定価の変更も考えるべきかと思っています。アリーナ最前列とスタンド最後尾が同じ値段というのも無理がある気がしています。

 

別の商品が狙われるだけ

これで転売屋は減るでしょう。

しかしあくまでもこれはチケットだけです。他にも人気ゲーム機などが転売されており、悪質な輩はまだまだいます。買い占めている業者などはチケットからシフトチェンジして、人気ゲーム機などがさらに値上がりしそうな印象を受けます。

また、個人を捕まえるのは難しいので全体的にはすこし減るくらいでしょうかね。

そもそもオリンピック関連以外でホントウに捕まえるのかという疑問も残ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加