サブカルってなに?簡単に分かりやすく説明します

昨今よく聞くサブカルという言葉――

サブカル女子・サブカル男子などという言葉も存在します。

意見君
これってよく聞くけど意味不明だよな
結構わかりにくい

 

簡単そうに思えてわかりにくいものですが、説明していきたいと思います。

サブカルとは?

サブカルという言葉は「サブカルチャー」の略語です。

サブカルチャー(英: subculture)とは、ある社会の支配的な文化の中で異なった行動をし、しばしば独自の信条を持つ人々の独特な文化である。

引用元 wikipedia

ということです。

要するに主流となっている文化の中で、独自に発達した文化ですね。例えば「小説と言えば純文学だよね」という空気の中で「えっ、俺はライトノベルが好きだけど」といったようなものですね。

サブカルは欧米と日本では意味会いが異なります。

元々の意味合いでは「下位文化」または「副次文化」と訳されるものでした。しかし、日本では正確に定義することが難しくなっています。日本では「新興ジャンルの文化ほぼ全部」といえば簡単でしょう。

例えば日本にはいくつもの伝統文化があります。それらはハイルカチャーと呼ばれます。そして、類似した新興文化をサブカルチャーと呼びます。

 

ハイカルチャーとサブカルチャー

ハイカルチャー サブカルチャー
絵画・彫刻・工芸 マンガ、テレビ
芸術 アニメ
純文学 ライトノベル
落語 コント、漫才
浄瑠璃 ゲーム
和歌・短歌 JPOP

こういった感じです。

定義は曖昧ですが、日本ではこのように分けられます。定義が曖昧なため主観が入っていますが、このような認識で間違っていないでしょう。

 

分かりやすく説明する

では、凄く簡潔に説明します。

サブカル=個性的、独自、流行に流されない

このように言えます。

つまり「サブカル男子」や「サブカル女子」というのは個性的で流行に流されず独自の文化を貫いている男女となりますね。

具体的には髪型が個性的だったり、趣味がマイノリティだったり、服のセンスが他を逸脱していたり、そういう感じです。

サブカルという言葉に”オタク”のイメージがある人も多いでしょうが、マニアックなものを純粋に楽しむのでそういったイメージがあるのでしょう。

ただ、サブカル女子は昨今すこし意味合いが違ったりします。社会的な言葉も含まれており、独自の文化を楽しみつつ、閉鎖感のある社会に物申したい気持ちがあったりします。

このエントリーをはてなブックマークに追加