2019年に絶対起こること4選|日本にとっては大きな転機な年となりそう

いよいよ2019年です。

今年は様々なことが起きます。起こりそう、ではなくすでに起きることが決定しています。未来人の予言ではなく実際に差し迫った問題ですね。

意見君
やっぱ新年号だな
それもあるな

 

では、2019年に起こることを紹介していきたいと思います。

2019年に起こること

2019年に起きることをまとめていきたいと思います。

とはいえ、未来人とか予言じゃないので「○○で地震発生」とかではなく、確実に発生することについてです。

4つ大きなポイントがあります。

☆年号が変更される

☆消費税増税

☆オリンピック関連でいざこざ

☆日韓の関係悪化

 

年号が変更される

2019年の目玉といえばこれでしょう。

まずもって「平成」が終わります。

平成31年4月30日まで平成が続き、5月1日から新元号となります。

4月1日に先行して発表されますが、新年号はまだ名前不明です。

これによって様々なトラブルが発生するでしょう。会社、個人問わずいろいろな場面で変化し、対応が求められます。初めて年号変更を経験するという方も多いでしょう。

 

消費税増税

こちらも2019年確実に発生し、生活に変化を及ぼすものです。

そう「消費税が10%に増税」されます。

以前から増税と騒がれていましたが、2019年10月1日から実施となりそうです。

軽減税率が導入されることもあり、大きな変化が予想されます。ごちゃごちゃしてトラブルが続出する可能性も高いでしょう。

 

オリンピック関連でいざこざ

2020年には東京オリンピックが控えています。

オリンピック関連でごたごたするでしょう。これまでもエンブレムだったり、会場だったり、東京だけでなく国民が大きく関係するごたごたがありました。

2019年にもオリンピック関連でいざこざがあるでしょう。

新しく問題が発生したり、工事の遅れが発覚したり、韓国・中国・北朝鮮など主にアジアの情勢に関係した国際問題だったり――

 

日韓の関係悪化

前々から悪化していた日韓関係。

2019年はこの悪化にさらに拍車をかけるでしょう。新年になった直後からレーダー照射問題があり、日韓の関係は非常に悪化しています。

個人的には仲良くする必要も日本側から特にないのでそのままでもいいのですが、しかし韓国側からしたら結構深刻そうなのにいろいろとびっくりです。

まあ、今年も平常運転でしょう。

平常運転ですこしずつ関係が悪化していくという意味です。

この悪化は大きく、関係がこじれれば国交断絶となる可能性もあります。というか、何かしら両国に転機が訪れなければいずれ近い未来にそうなりそう。

 

個人的には自然災害が怖い

2019年ですが、日本という国は動きます。

間違いなく大きな転機な年となります。新年号と消費税増税だけですでに大きな事件ですしね。

ただ、怖いのが昨今自然災害――

昨年もありましたね。個人的には超大型台風で停電したのが強く印象に残っています。

温暖化の昨今ではあのレベルの台風が再び発生する可能性は高く、日本はそもそも地震大国。2019年は国際的にもきな臭い感じになっていますが、自然災害が発生しそうで怖い年です。

このエントリーをはてなブックマークに追加