新聞とネットニュースの違いについて|個人的には両方利用することを勧めたい

新聞――

かつては無冠の帝王と恐れられた新聞記者という職業が指すとおり、新聞はひとつの記事で世論を味方につけ、権力者に対抗するというものでした。

しかし最近では新聞は売り上げ低迷し、完全にネットニュースが上に来ている状態です。

意見君
今はネットでいいしな
まなあ

 

今回は新聞とネットニュースの違いについて紹介し、いろいろと個人的な意見を書いていきたいと思います。

新聞とネットニュースの違い

新聞のネットニュースの違いですが、あります。

そう、違いは明確です。

まずは双方の違いについてわかりやすく説明しましょう。箇条書きでポイントを挙げていきます。

 

新聞のメリットデメリット

☆集められた情報を元に纏められている。

☆確実性が高く、専門性が高い

☆プロの記者が書くので情報がわかりやすい

☆保存できる

☆地方の情報が手に入る

☆チラシがある

★即効性がない

★お金が掛かる

★情報が一方通行

★情報が限定的

★ゴミになる

※「☆」がメリット「★」がデメリット

 

ネットニュースのメリットデメリット

☆即効性があり、情報量が圧倒的に多い

☆幅広いジャンルの情報が手に入る

☆情報には相互性がある

☆無料

★ガセネタが多い(確実性がない)

★長時間見ていると目が疲れる

★散文的な情報になりがち

★情報の保存ができない(サイトが消える等)

※「☆」がメリット「★」がデメリット

 

個人的な意見

上記のような特徴があります。

最近ではネットが普及し、10~40代までは恐らくネットから情報を仕入れるといった方が多いでしょう。

どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがあります。両方使うのがもっともいいでしょう。よく「新聞は時代遅れ」や「新聞はなくてもいい」という意見もありますが、個人的にはちょっと違うかなと。

何故なら新聞には”地方の情報が手に入る”という多大なメリットがあるからです。

これはもう大きい。

あまり興味のない方にはそうでもないでしょうが、ネットでは地元のNEWSが手に入りにくいものです。特に田舎暮らしにとってはなお更です。局地的すぎて記事にしてもアクセスが集められないからです。

例えば地元で事件が発生しても、田舎であればNEWSにもならず気づかないものです。それが新聞なら手に入る。個人的にはこの一点だけでも十分に利用する価値はあるかと。たまに4コマも面白いし。どちらにもメリット・デメリットがあるので併用がもっとも効率的だと思います。

あくまで個人の意見ですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加