21世紀枠の基準と条件について|いらないという不要論に対する個人的な意見

選抜高校野球で話題の21世紀枠。

毎年話題になりますね。よく「いらない」だの「基準不明」とか言われています。

意見君
確かに条件がいまいちわからない
     
普通はそうだろう

 

というわけで、今回は21世紀枠の条件について紹介したいと思います。

21世紀枠とは?

そもそもこの21世紀枠。

2001年が21世紀最初の年であり、同年開催の第73回大会から設けられた制度です。

具体的には部員不足だったり、グラウンドがなかったり、豪雪地帯でまったく練習できなかったり、様々な困難を克服した学校や、ボランティア活動などで野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を選び、選抜高校野球に参加させるという制度です。

 

21世紀枠に選ばれる条件

基本的には上記のような条件ですが、これは前提条件です。さらに詳細な条件をみていきましょう。

この21世紀枠で選ばれるためには秋季都道府県大会ベスト8以上、さらに128校以上の都道府県はベスト16以上の成績を残していることが条件となります。

この条件を満たした学校が3つの基準を元に推薦されます。

☆他校の模範になること

☆困難条件の克服をすること

☆予選で良い成績を残している

この3つを満たしている学校が推薦となります。

しかし、それでも候補となる学校決められなかった場合は「甲子園出場経験がないか、前回の出場から30年以上遠ざかっている」ということになっています。

 

不要論の是非

よく「いらない」という言葉を耳にします。

その理由はやはり実力差でしょう。大半が初戦敗退です。それも大差での敗退が圧倒的に多いです。

また、もうひとつあります。

他にも選抜を目指しているチームの枠の阻害になっているという理由があります。強豪同士の対戦が見たいというファンから21世紀枠が煙たがられています。

個人的には半分半分ですね。確かに大差敗北が可哀想ですが、しかし掘り出し物もいるかもしれないので何とも言えないところ。ただまあ、多すぎるとは思います。東西合わせて2校ならいいのかなと思います。

 

歴代の出場校

年度 出場校
2001年 安積(福島) 宜野座(沖縄)
2002年 鵡川(北海道) 松江北(島根)
2003年 柏崎(新潟) 隠岐(島根)
2004年 一関一(岩手) 八幡浜(愛媛)
2005年 一迫商(宮城) 高松(香川)
2006年 真岡工(栃木) 金沢桜丘(石川)
2007年 都留(山梨) 都城泉ヶ丘(宮崎)
2008年 安房(千葉) 成章(愛知) 華陵(山口)
2009年 利府(宮城) 彦根東(滋賀) 大分上野丘(大分)
2010年 山形中央(山形) 向陽(和歌山) 川島(徳島)
2011年 大館鳳鳴(秋田) 佐渡(新潟) 城南(徳島)
2012年 女満別(北海道) 石巻工(宮城) 洲本(兵庫)
2013年 遠軽(北海道) いわき海星(福島) 益田翔陽(島根) 土佐(高知)
2014年 小山台(東京) 海南(和歌山) 大島(鹿児島)
2015年 豊橋工(愛知) 桐蔭(和歌山) 松山東(愛媛)
2016年 釜石(岩手) 小豆島(香川) 長田(兵庫)
2017年 不来方(岩手) 多治見(岐阜) 中村(高知)
2018年 由利工(秋田) 膳所(滋賀) 伊万里(佐賀)
2019年 石岡第一(茨城) 富岡西(徳島) 熊本西(熊本)

このエントリーをはてなブックマークに追加