2019年予想外の食品値上げラッシュ!値上げの理由にはいくつもの要因!

2019年になり、食品の値上げラッシュが止まらない状態が続きます。

ただでさえ2019年は消費税増税が決定しています。家庭に対して大打撃となりそうです。

意見君
厳しい
お金ない・・・

 

いうわけで、今回は値上げラッシュとその理由について説明していきたいと思います。

2019年食品値上げラッシュ

食品の値上げが止まらない。

2019年に突入し、異常なほど値上げが続いています。ペットボトル商品、インスタント食品、乳製品、アイス、調味料、すべてで値上げしています。


具体的な例を少し出しましょう。

☆大型ペットボトル商品

値上げ幅は20円~30円以上。対象は「アサヒ飲料・キリンビバレッジ・サントリー・伊藤園」のペットボトル商品等。

☆インスタント食品

値上げ幅は2~9%。対象は「日清食品・東洋水産・マルハニチロ」のチルド冷凍食品やカップヌードル等。

☆乳製品・アイス等

平均10~50円の値上げ。対象は「明治・森永、江崎グリコ、赤城乳業」など。ハーゲンダッツも値上げ。

☆調味料

大体5~11%の値上げ。「食塩・コンソメ」など。

 

値上げの理由

値上げの理由ですが、ひとつではなく複数の要因があります。

原材料・資材価格・人件費・物流費の上昇です。

ほぼすべてのメーカーがこの理由を挙げています。

どうしようもないですね。我々消費者にとっては仕方のない理由といえます。どこのメーカーも抑えたいけど、限界という見解を出しています。原油については右肩上がりを続けており、燃料費の上昇は大きいでしょう。

消費増税後にさらなる値上げの波が訪れる可能性が十分考えられるだけに、今後が気になるところです。

 

皆の反応

このエントリーをはてなブックマークに追加