新職業ライバーとは?youtuberとの違いはどこにあるのか?

新しい職業というのはいつの世も注目を集めます。

その中にあって現在最も注目を集めているのが動画関係の仕事です。youtuberが話題になり、関連性のある職業が脚光を浴びるのは必然といえるでしょう。

意見君
そこで登場ライバー

 

良い名前

 

というわけで、今回は新しい職業として注目度大の「ライバー」について説明していきたいと思います。

ライバーとは?

このライバーとは、簡単にいえば「ライブでお金を稼ぐ人たち」という職業です。

動画をアップするのではなく、生放送(ライブ)をメインとして活動するわけですね。最近ではいくつもの生放送特化のサイトがあり、そこを利用します。

ネット配信者 , 生主 , 実況者 ,ストリーマー などいろいろな呼ばれ方をされますが、これらはすべてライブ配信プラットフォームやアプリを使って配信しています。それらまとめて「ライバー」と呼びます。

主な収入源は2つで、ひとつは広告収入。生放送ができるサイトでは来場者に応じて配信者にお金が支払うというシステムを取っています。

もうひとつは投げ銭です。

youtubeだけでなく、他サイトでも配信に来ている来場者がお金を投げてくれる機能があります。人気があれば非常に多くの稼ぐことが可能です。virtualyoutuberなどはすさまじい額の投げ銭が飛び交います(笑)

 

youtuberとの違い

違いについては非常にわかりやすいです。

どちらも動画サイトを利用するのですが、メイトなるものが違います。

職業 内容
youtuber メインは動画投稿
ライバー 基本的に生放送のみ

これです。

youtuberは動画投稿がメインとなります。生放送も行いますが、あくまでもメインは編集した動画をアップすることです。

それに対してライバーは生放送オンリーです。

ただし、生放送をアーカイブとして残す場合が多いのでライバーといっても動画を残すことはあります。

 

収入と今後の市場について

収入についてですが、事務所に入っているのかいないのかで別です。

通常は個人で行うのですが、収入面に関してはピンからキリまであります。ほぼ無給といった状態から月額100万を超える人もいます。

これに関しては完全に人気勝負ですので、何ともいえないですね。

今後の市場ですが、まだまだ拡大していきます。

恐らく頭打ちは早いでしょう。しかし人気を獲得すれば安定した来場者となるので、人気を得れば大丈夫でしょうね。新職業ライバーは個人の面白さが大きく影響するので才能が問われそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加