野球は世界で人気がない?人気に火が付かないわかりやすい理由3選!

プロ野球に高校野球。

日本ではどちらも大人気です。そしてアメリカではMLBがあり、野球という競技は一見すると大流行している印象を受けます。

ただ、世界で見ると人気がないと言われています。実際には人気がないとまではいかないですが、日本ではトップクラスの人気を誇るのにどうして、と疑問を呈する人もいるでしょう。

意見君
どうしてだ?
しっかり理由があるぞ

 

今回は野球が世界でイマイチ人気がない理由を説明していきたいと思います。

野球は世界で人気がないのか?

まず、野球の世界人気です。

日本国内では圧倒的に人気ですが、日本国内で「世界で野球はどれくらい?」と、聞いてみると「野球は人気がない、マイナー競技」と口をそろえていいます。

野球の競技人口は世界で10位~20位くらいです。

意見君
あまりにも曖昧だぞ
それが仕方ないのだ

 

競技人口に関して掲載されているサイトはいくつもありますが、はっきりいってバラバラで正確な数字は不明です。オリンピックに参加する国が行っている競技なのか、プロの人口なのか、あるいはそれ以外なのか。実際のところはわからないのです。

そもそも「競技人口=人気ではない」というのも難しいところです。

何故なら世界で1番人気のあるスポーツは世界的に”サッカー”です。これは視聴率でもわかりますし、スタジアムの規模でも明確に出ています。ただし、サッカーは女性の競技人口が少ないので競技人口ではバスケットボールに劣っていると言われています。

競技人口に関しては野球も同じで、女性が少ないので伸びないのは当然です。テニス、卓球、バスケに比べて野球女子が多いわけありませんよね。

視聴率やスタジアムの観客動員、オリンピックに出場する国などから総合的に見ると「人気競技ではない」が正確な言い方です。少なくとも全世界で親しまれているわけではありません。

 

イマイチ人気が伸びない理由3選

では、イマイチ人気がない理由をわかりやすく分析していきましょう。

これが理由です。

☆女性人気がない

☆お金が掛かる

☆クリケットがある

 

女性人気がない

競技人口に関してもこれです。

野球は女性に人気がないです。無論、好きな人も一杯います。日本では高校野球に熱中する女性も多いですね。

ただ、やはり他のスポーツと違って女性が競技をしないので何とも人気が跳ね上がらないという特徴があります。

肩を酷使したり、バットを振ったり、スライディングしたり、女性に敬遠される理由があります。

 

お金が掛かる

日本ではあまり関係なさそうなこの理由。

しかし、発展途上国などでは「バット、グローブ、グラウンド、人数」と野球をするためにいろいろとお金が掛かります。

どこの国も日本ほど環境が整っているわけではないので、お金がない国々では敬遠されています。逆に人気競技の「サッカー、バスケ」などはボールさえあれば可能です。この差は非常に大きいといえます。

 

クリケットがある


日本では野球が人気でクリケットはマイナー競技ですが、世界的にはクリケットが圧倒的に人気です。

クリケットは野球に似ている競技で、ルールに関してもそれほど大きな差はないといえます。主にヨーロッパ、インドで行われている競技で競技人口は2位とも3位とも言われています。

このクリケットの存在が野球を世界競技にし得ない大きな要因といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加