雨で花粉が飛ばないのはホント?逆にひどいと感じる時もある!

花粉症はとても辛いです。

そりゃもう辛くて毎日ティッシュがお友達状態です。薬を服用しても症状が治らなくて困っています。これはもう花粉症になっていない人にはわからない辛さ。

意見君
だから雨が救い
でも、雨でも症状でる気が

 

花粉は雨の日に飛ばないといいますが、症状が治まる気配はない。実際に花粉症のためよくわかります。むしろ雨のほうが酷いくらいです。なので、今回はこの件について調べたので説明していきたいと思います。

雨で飛ばないは嘘

まずはここから。

雨で花粉が飛ばないというのは嘘です。

厳密には「飛びにくくはなっているものの、全く飛ばないわけではない」ですね。だから”飛ばない”と思っている人は要注意です。

そして、雨は空気中にある花粉を地面に落とす力があります。そのため地上にいる人に直撃することもあります。また、雨が降るときは気圧が変わります。風が吹き始めてその風で舞い上がる花粉もあります。一時的に花粉が多く飛ぶわけです。

☆雨でも花粉は飛ぶ

☆雨が空気中の花粉を地面に落とす

☆雨の降り始めは気圧の変化で風が吹くため花粉が飛ぶ

長期的な長雨ならば「花粉が減る」といえますが、むしろ数日に一度パラパラと降る雨ならば花粉は増えるといえます。

雨の日は自然とマスクを外しても大丈夫と考えてしまいますが、しっかりと対策してください。

 

雨の翌日は注意

花粉症の人にとって一番注意は雨の翌日です。

そう、雨の日にはまだ問題点があります。

雨が降っている間は確かに花粉が飛びにくいのですが、別に花粉が消えてしまったわけではなく、飛ばなかった分は晴れたタイミングで空中を舞います。雨が明けた翌日などは、花粉が倍量になると思った方が良いのです。

 

晴れた日に花粉が付着することも

これもひとつ注意です

花粉を吸ったらすぐに花粉症の症状が出るとは限らないのです。吸い込んでから、半日近く経ってから出る症状があります。

そのため、雨が降る前に家に帰宅して服などに付着した花粉を吸いこみ、それが雨が降っている間も花粉症の症状に悩まされる理由の一つとなっています。

 

家では花粉以外のアレルギーも

雨が降ると家にひきこもります。

ここで注意したいのは「ハウスダスト」ですね。家の中・建物の中にいることが増えますが花粉以外のカビやハウスダストにも反応してしまう人は非常に苦しいです。

 

まとめ

結論ですが、様々な観点からして「雨の日も晴れの日もあまり変わらない」ですね。

長雨は季節的に考えにくいですし、雨の日には雨の日で花粉がきついです。結論として花粉症の人は雨でも晴れでも辛く、春は地獄であると言えます。

意見君
嫌な結論だな
まったくだ

このエントリーをはてなブックマークに追加