本好きの下剋上がアニメ化決定!どこまで放送するのか楽しみ!

ついにアニメ化決定(^^♪

本好きの下剋上がアニメ化という朗報が入ってきました。個人的にすごい好きな作品だったのでアニメ化うれしい。これに伴って公式サイトも公開されました。

意見君
おまえ好きだったよな
楽しみだ

 

というわけで、今回はこの嬉しい話題について触れていこうと思います。

本好きの下克上とは?

本好きの下克上は俗にいう異世界転生ものです。

とはいえ、戦うわけではなく本が大好きな主人公マインが異世界で本を作るために奮闘するという話です。日本で司書として就職が決まっていたものの不慮の事故で亡くなり、異世界に転生して同じく司書を目指すという話ですね。

序盤はなかなかの糞ガキっぷりで、後半では女神感がにじみでるという作品です。タイトルでは「下克上」ですが、中身的には「成り上がり」系の話といえますね。練られた設定で、とても楽しく読めます。

題材的には地味なのですが、とても人気が高い作品です。

元々小説家になろうに掲載されており、書籍化もコミカライズもされています。「このライトノべルがすごい!」にて2018年、2019年の2年連続で単行本・ノベルス部門の第1位を獲得した人気作です。

 

アニメ化決定

さてさて、ついにアニメ決定です。

おめでとうございます。

キャストには主人公のマイン役に井口裕香、神官長フェルディナンド役に速水奨氏が決定しました。あまりネタバレは避けたいのですが、これはその後を見据えてもいい配役でしょう。魔王が渋いのはいいですね。

女神の化身=井口裕香

何かちょっと引っ掛かりを覚えてアレですが、どこまで放送するのか現状では分かっていない状況です。ただ、原作は完結しているし最初のキャスト紹介でフェルディナンドまで出ているので恐らく全部やってくれると思っています。願望込みですが。

☆ スタッフ

原作:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(TOブックス刊)
著者:香月美夜
イラスト:椎名優
監督:本郷みつる
副監督:川崎芳樹
シリーズ構成:國澤真理子
キャラクターデザイン:柳田義明、海谷敏久
アニメーション制作:亜細亜堂

□ キャスト
マイン:井口裕香
フェルディナンド:速水奨

(c)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

どこまで放送するのか?

アニメ化は嬉しいですが、原作をすべて知っている勢としてはどこまで放送してくれるのかというのは結構大きな問題です。

むしろ全部やってくれないと困るというか、作品的にどこで切っても途中になりそう。切るとしたら2章の終わりですかね・・・

個人的にはNHKで全部放送してほしい!!

どちらかといえば地味系でじっくりと紹介して、展開していかなければ面白味が伝わらないタイプの作品です。NHKで50話くらい使って放送していただきたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加