若者言葉「ヤバい」の語源と広まった理由について

若者言葉として流行し、今では大人でも使う「ヤバイ」という言葉。

個人的にも結構使う場面がありますが、この言葉はいつから広がったのか気になる今日この頃。最近の言葉だと思っていたら意外と歴史があるということがわかりました。

意見君
語源とか気になるな
そもそも何故流行したのか

ヤバいの語源

語源についてですが、実は江戸時代です。

若者言葉の印象があるので最近と認識している人も多いでしょうが「ヤバい」というのは”具合の悪いさま”や”不都合”を意味する名詞「やば」を形容詞化した語です。

元は、盗人や香具師などの隠語と言われています。

語源となった説ですが、有力なのは2つです。

1つは厄場説。

江戸時代に犯罪者を収容する牢屋を厄場(やくば)と呼んでいたことです。ここから派生した言葉とされています。

2つ目は矢場説です。

怖い人たちが出入りしていた矢場という場所が関係しているという説があります。どちらにしても怖い人たち絡みですね。

広辞苑

やば・い
《形容詞》 不都合である。危険である。「―・い事になる」 ⇒やば(2)

やば
(1) 不都合なこと。けしからぬこと。奇怪なこと。東海道中膝栗毛(6)「おどれら、―なこと働きくさるな」
(2) 危険なさまにいう隠語。歌舞伎・韓人漢文手管始「俺が持つてゐると―なによって」

このように記されています。

本当のところは不明ですが、江戸時代からある言葉というのは事実です。

 

広まった理由

どうして江戸時代の言葉が広がったのか?

今では「やばい」という言葉が出回り、何かする度に聞かれます。それも複数の意味で。

とても便利な言葉ですね。

広まった理由ですが、これが何とも不思議です。これといった要因がないのです。

ドラマや映画の影響はなくじわじわと多くの人が使い始めたというのが正しいでしょう。基本的に若者言葉は誰かが流行の要因となっている語句が多いので珍しいといえます。

若い女性からヒットした語句なのは間違いないですが、やはり新しい流行は女子高生から広がっていくと実感する言葉です。

 

意味一覧

やばいには色々な意味があります。

言葉 若者言葉の意味
やばい 美味しい
凄い
かっこいい
驚いた
魅力的
素敵
かわいい
おもしろい
似合う
まずい
残念
かっこ悪い
気持ち悪い
えげつない
かわいくない
えっち
似合っていない

多すぎる(笑)

これだけ意味があると本当に日本語なのかと疑いたくなりますね。個人的にも結構便利な言葉なので利用しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加