野球の審判はいらない?個人的な考えと共に述べてみる!

近頃、目に余るものがある。

それが野球の審判です。誤審による被害が続出しています。審判といっても人なので間違いはありますし、個人的にそこを咎めるつもりはないのですがあまりにも度が過ぎるものもあり、おまけに野球の審判は謝罪をしないという問題点があります。

意見君
せめて謝ってくれ
適当に審判するよな

野球審判いらない説

野球では「審判は絶対」という風潮がありました。

スポーツにおいて審判は絶対の権限を持っており、例えそれが誤審であっても審判の下した判定はすべてにおいて正しいという時代錯誤で技術が足りていなかった時代のルール。

今の時代にはそぐわないのは明らかでしょう。

それを証明するようにスポーツ界では次々と機械によって判断することが多くなってきました。

プロ野球ではリクエスト制度が導入されました。

youtubeではリクエスト集などがありますが、結構このリクエストで判定が覆るパターンが多く、やはり機械のほうが確実と言うことがわかりますね。

 

リクエスト成功率とその数

2018年に導入されたリクエスト制度。

2018年は全体でリクエストは505回されています。成功が「170」で失敗が「335」という結果でした。失敗率が高いです。まあ、それは当然なのでしょうがね。

2018年のリクエストの成功率は33.7%です。

どう見るのか人それぞれですが、つまり3回に1回は誤審だったということです。個人的には非常に多く思います。これまでのプロ野球では泣き寝入りだったということですからね。

 

機械ではストライクゾーンは難しい

機械のほうが正確なのは明らかです。

ただ、主審については人間が審判するほうがいいと思います。というのも、技術的にこれは現実的ではないからです。

野球のストライクゾーンはバッターによって変化します。

公認野球規則では、ストライクゾーンを「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。」と定めている

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3

ざっくり言えば身長によって変化するということです。

そのため、機械でストライクゾーンを判断するのは難しいです。打者の体に合わせてストライクゾーンを調整してジャッジを下すのは技術的にまだまだ難しいでしょう。

 

個人的な意見

個人的には審判の誤審が酷いのでドンドンと機械を投入してほしいところです。といっても、別にすべての審判がいらないわけではないかと。

あくまでも機械をもっと利用して正確にしてほしいという意見。

流石に今の技術で打者の身体に合わせてストライクゾーンを選別するのは難しいし、打者ひとりひとりの身体に合わせて機械を調節していたら時間が長引いて仕方ないです。

それにストライクのジャスチャーがわかりやすいので、観ていても主審は必要かなと。

塁審にしても居たほうがいいでしょう。いきなり仕事を奪うのはおかしいですしね。

ただ、審判は誤審しても全然謝罪しないし、観ていなかったのにも関わらず判定したというケースもありました。

これで謝罪もなかったので、流石に問題視する声が増えるのは当然かと。

ミスは人間なので仕方ないとしても、罰則とか欲しいですよね。適当にジャッジしても許される、みたいな風潮は嫌い。

このエントリーをはてなブックマークに追加