不祥事とは?会社や芸能人が起こしたらその後はどうなるの?

最近は不祥事がよくよく発生します。

さて、しかしこの「不祥事」という言葉はどういった意味なのだろうかと気になってしまいました。意味合い的には誰でもわかりそうですが、厳密にはちょっと難しい気がします。

意見君
悪事じゃないのか?
不祥事だから悪事ではないだろ?

 

というわけで、今回はこの不祥事という言葉そのものの意味について調べました。

不祥事とは?

この不祥事という言葉の意味は「社会的な信頼を失わせるような出来事」です。

わかりやすい(^^♪

ただし、一定の社会的な地位を持つ個人または団体などが起こした場合に使用することが多いです。例えば学生が軽犯罪をしたら不祥事という言葉を使わないですよね。そう「不祥事を起こす」のはある程度の地位があるのが前提となります。

スキャンダルと同じ意味合いです。

大手企業が犯罪行為や不正行為などが明るみに出た際に不祥事と呼ばれるようになりますね。

賞味期限などの不正表示、テレビ番組やラジオ番組の捏造、車の検査で審査基準を守っていない、などがこれに符号します。

具体例

日大アメフト部タックル問題 リニア新幹線工事をめぐる談合疑惑
パワハラ告発問題 記事・画像の盗用、著作権侵害
無資格検査員による安全性チェック 検査データ改ざん

 

会社の不祥事

会社が不祥事を起こしたらどうなるのか?

例えば上記の具体例でもあるように、不正やデータの改竄ですね。このような不正行為をした場合ですが、会社のイメージが著しく悪化します。当然ですね。

これによって倒産したり、経営が傾いたりします。

企業が相次いで不祥事を起こしている近年。特に2017年以降は大手企業が不祥事を連発しています。エアバッグの品質問題のタカタ、防振ゴムの検査データ偽装問題の東洋ゴム。他人事ではないといえますね。

会社の不祥事で最大のポイントは「株価」です。

株価が重要なのは大手の上場企業だけじゃないかって?

いいえ、日本企業の約9割が未上場の中堅・中小企業です。しかし上場企業と取引先や受注先として持っていることが多いのが日本です。大企業が倒産すると連鎖倒産が起きますが、そういった背景があります。

未上場の会社に勤めていたとしても、お得意先に上場企業で不祥事が起きて業績が悪化したら、未上場の企業に勤めている人も影響がゼロとはいえません。

 

芸能人の不祥事とその後

芸能人が不祥事を起こした場合はどうなるのでしょうか?

著しくイメージを損ないます。

内容にもよりますが、基本的に犯罪をした人間を応援したくないというのは誰でもあります。ファンからしてみれば裏切られたわけですからね。

芸能人が不祥事を起こしたその後ですが、待っているのは「謝罪・社会的な制裁・罰金(違約金)」の3つです。

 

謝罪

まずは当然の謝罪です。

これは迷惑をかけた意味合いのもの、被害者がいたのならそちらに対しての謝罪、スポンサーに対しての謝罪、所属する事務所に対しての謝罪など複数です。

記者会見をするだけでなく、様々な場所に出向いて謝罪することもあります。

 

社会的な制裁

芸能人の場合は当然マスコミが集まります。

社会的に「この人は犯罪をした」と顔と名前が出て制裁を受けます。社会的に大打撃を受けるといっていいでしょう。好感度もガタ落ちで、家族や親族も巻き添えになってしまう可能性もあります。

 

罰金(違約金)

不祥事を起こせばスポンサーに対する違約金も発生します。

これはCMに出演していた場合に発生します。芸能人が不祥事を起こせばイメージが悪化し、それは出演していたCMの商品や会社に対しても波及する恐れがあります。

金額は数千万円~数億円に上ります。

自らの不祥事が招いた結果なので仕方ないといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加