任意引退のメリットとは?自由契約の違いについても

任意引退。

こちらは日本プロ野球で、選手の意思によってチームと新しい契約をしない、または契約解除するための制度です。

巨人の上原投手がこの制度を利用して話題になりましたね。

意見君
どういう意味だ?
説明しよう

任意引退とは?

任意引退は選手自ら現役引退を表明した場合に使います。

基本的には戦力外通告を受けた選手が、現役を退く場合に選ぶのが任意引退ですね。

よく頭に浮かべる引退はこの任意引退が近いでしょうかね。ただ「引退」と一口に言っても、どこも契約してくれない実質引退状態、怪我で仕方なく引退を余儀なくされるなど様々なので難しいところです。

任意引退は球団からクビと言われ、それを受け入れて現役を退くことを選手本人が決断した引退です。

翌年に指導者またはフロントとして球団に残留することが内定している場合には、他球団との交渉を抑止する目的で、あえて任意引退とする場合があります。

任意引退のポイントは、任意引退をしてもその選手に対する保有権はあくまでも元の所属球団に残っているという点です。そのため、元の球団の許可が無くては他球団に移籍をすることができず、アマチュアで監督することもできない状態です。

 

自由契約との違い

自由契約との違いについてです。

自由契約は選手が特定チームの支配下に置かれておらずどのチームとも選手契約を結べる状態を指します。

任意引退の場合は直前に所属していた球団が保有権を有するため、球団が交渉を許可するか、保有権を放棄しない限り、他球団との契約交渉ができません。

戦力外通告は球団の決定で、単なる通告です。

球団によって選手に対して戦力外通告を行う。戦力外通告を受けた選手が現役を続行を希望した場合は自由契約となり、現役を退くことを決めた場合は任意引退になります。

自由契約 所属球団からは戦力外(クビ)。
まだ現役を引退したくないので他球団で野球する道を探る。
任意引退 所属球団からは戦力外(クビ)。
現役続行の意思がなく、球団と話し合い引退。

 

任意引退のメリット

所属球団から戦力外を言い渡され、それでも野球を続けるならば自由契約です。

任意引退は球団からの許可がないと野球に携われないので、事実上の完全引退となります。

メリットはあるのでしょうか?

基本的にはないですね。

1つ言えるのは円満退団であるという事です。自由契約だと他球団に移籍する可能性があります。そのまま引退というケースもありますが。

しかし任意引退は野球する権利を球団が有しているので、話し合ってしっかりと選手本人が引退を決断したのだと世間が認知します。また、功労者にはその後に仕事の斡旋などもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加