モンスター返品者とは?普通に詐欺罪となる可能性もある

モンスター返品者が社会問題になっています。

ネット通販では「返品無料」をうたっている業者も多い。これは商品の実物を直接見られないので、取られているサービスです。それが消費者の安心感につながっています。

ただ、これを悪用しようとする連中がいます。

それがモンスター返品者です。

意見君
普通に怖いな
そうだな

モンスター返品者とは?

モンスター返品者という言葉は5月21日に放送されたフジテレビの番組「とくダネ!」で登場したものです。

最初にも触れましたが、ネット通販では実物を見せられないので「返品無料」をうたっている業者も多く、これを悪用した人を指します。

番組で登場した人の種類は下記の通り。

・季節ごとに20~30着の服(10万円相当)を注文し、その9割を返品。

・汗の染みた服を洗わないまま返品。

・レンタル感覚で卒業式や入学式などのスーツやアクセサリーを購入し、使用後に返品。

・本物のブランド品を購入して偽物を返品

・ヘッドホンを購入し、使い古した同じ型の製品を返品。

以上です。

もうこれ完全に犯罪の奴もありますよ。ちなみにだまし取る目的で返品をすれば「詐欺罪」に相当し、10年以下の懲役に処せられる可能性も。

ネット通販の返品率

ここで見方を変えてこの話題。

そう、ネット通販の返品率についてです。ネットは実物を見て購入することができないため、どうしても「違う」と感じるものが出てきます。

ネット通販の返品率は商品や企業によってマチマチですが、5%前後あります。

返品があれば当然企業として赤字になりますが、しかし返品無料でなければ売れないというジレンマがあります。そのため、このビジネスモデルを簡単にやめるわけにはいかない。

日本はまだ低い数字ですが、海外ではこの返品が大きな問題となっています。ネットビジネスはリスクが少なく儲かると簡単に言う人もいますが、返品率が高いネット通販は実店舗よりも売り上げが厳しいところも多々あります。

モンスター返品者に対する反応

このエントリーをはてなブックマークに追加