【スポーツ】マラソンの名前の由来と距離の由来についてわかりやすく教えます【雑学】

今回は雑学をすこし。

フルマラソンの距離といえば世界で決まっています。そう、42.195キロですね。

意見君
長いし中途半端だな
理由があるぞ

マラソンという名前の由来

いつも私たちは「マラソン」と呼びます。その由来ですが、こちらはギリシャの地名である「マラトン」を英語読みしたものです。

話は紀元前490年でした。

その頃のギリシャはペルシャという国と戦争中でした。ペルシャ軍はマラトンに侵攻しました。これをギリシャ軍が防ぎ切り、勝利に喜ぶ将軍がアテネの元老に伝えるために兵士を向かわせました。当時は電話などもなく、走って伝えるしかない状況です。

兵士は必死に走り、マラトンからアテネまで到着し、ギリシャ軍の勝利を伝える役目を全うしました。ですが、直後に息絶えてしまいました。

この話が後のマラソンにつながります

近代マラソンの開始

私たちの知る”マラソン”という競技が開始されたのは1896年でした。

上記の話を偲び、フランスの言語学者ミシェル・ブレアルの提案により、1896年にアテネで開かれた第1回オリンピックにマラトンからアテネ・パナシナイコ競技場までの競走が加えられました

これがマラソンの始まりです。

さらに、翌年である1897年にはボストンマラソンが創始されて欧米諸国に広がっていきます。

意見君
そういう成り立ちだったのか
深いよな

 

距離の由来について

マラソンの距離は42.195kmです。

どう見ても中途半端な距離ですが、この距離については実のところ決まったのはかなり後のことです。古代マラソンに関係しているだろうと考えている人も多かったでしょうが、実は違います。

競技距離が統一されたのは、第8回パリオリンピックから後のことでした。

第1回から第7回までは距離がまちまちでした。

開催年 開催回数 距離
1896年 1 40km
1900年 2 40.26km
1904年 3 40km
1908年 4 42.195km
1912年 5 40.2km
1920年 7 42.75km
1924年以降 8 42.195km

42.195kmが定着した理由

第8回から現在まで定着した42.195km。

この中途半端な距離が世界の常識となったのは第4回ロンドンオリンピックがその理由です。

第4回ロンドンオリンピックは国王の住むウィンザー城からホワイトシティ・スタジアムの41.843kmで競うことになっていました。

ですが、王妃アレクサンドラが「スタート地点は宮殿の庭で、ゴール地点は競技場のボックス席の前に」と注文したことで半端な数字の距離が延長されました。

そう、この距離こそ42.195kmでした。

この距離が正式なマラソンの距離として国際アマチュア陸上協会で認定されたために42.195kmが正式なマラソンの距離となりました。

意見君
どうして第4回が正式距離に?
これにも理由があるぞ

 

42.195kmに決定した裏話

さてさて、ここで疑問がでますよね。

第4回の距離がどうして正式にマラソンの距離として採用されたのか?

実は王族は関係なく、感動のエピソードがあります。

ロンドン大会で1位でゴールしたイタリアの選手がゴール直前で倒れかけ、大会役員の助けを借りてゴール。このレースの結果として失格になったのですが、これが大きな感動を呼び、大いに盛り上がったようです。

そのエピソードが後押しをして第4回の距離が採用となったのです。42.195kmに決まったのは偶然が重なった結果といえますね。

日本の近代マラソン

日本最初のマラソンは1909年でした。

神戸市で開催された「マラソン大競争」が最初です。この時は距離が決定しておらず、距離約32kmというこれまた半端ものでした。応募は400人近くいたものの、体格のチェック、予選があり本選に出れたのは20人ほど。

優勝タイムは2時間10分54秒でした。

このレースを記念して、現在でも神戸市役所前には「日本マラソン発祥の地」の記念碑が建てられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加