オリンピックに年齢制限ある?規定があるのはなぜ?

スポーツ選手の憧れの舞台であるオリンピック。

しかし不運にも年齢制限で出場できなかったケースが存在します。具体的には浅田真央選手が15歳の時にトリノオリンピックに出られなかったケースです。

ですが、競泳の岩崎恭子選手は14歳の時に出場して見事金メダルを獲得しています。

意見君
これ、どういうことだ?
説明しよう

年齢制限はあるの?

まずは答えから。

オリンピックに年齢制限はありません。

年齢に関係なく出場することが可能です。

オリンピック憲章には「健康上の理由で競技ルールに定められている制限以外には、オリンピック競技大会に参加する競技者に年齢制限はない」と記されています。

意見君
あれ、おかしくないか?
疑問に答えよう

 

年齢制限の規定が存在する

オリンピックに年齢制限はない。これは冬季オリンピックでも夏季オリンピックでも同じです。

ただし「競技ルールに定められている制限以外」という一文が存在する。

そう、各競技毎に国際競技連盟が年齢制限を設けている場合はそこに従うということですね。冒頭で挙げた浅田選手は15歳で出場できず、岩崎選手は14歳で出場できたというのはそこにポイントがあります。

具体的な例

夏期オリンピック

体操男子 16歳以上

体操女子 15歳以上

新体操  16歳以上

飛び込み 15歳以上

ボクシング 17~34歳 ※年齢の上限あり

☆サッカー 23歳以下 ※オーバーエイジが最大3名まで可

冬期オリンピック

☆スケート 15歳以上 ※開催前年の6月30日までに15歳になっていること

☆ボブスレー  18歳以上

☆スケルトン:16歳

年齢制限の理由

どうして年齢制限を設けているのか。

才能や実力があるのなら早いところ大きな舞台で活躍させてあげたい。特に女子選手の身体機能は10代から20代前半が最も高いというのは周知の事実です。

ここでのポイントは健康上の理由です。

競技によって年齢制限があるのは安全性を重視し、小さな頃から無理をさせないように配慮した結果、出来た規定です。

ただし、一部例外もあります。フィギュアスケートなどの種目は才能ある若いアマチュア選手が、早々にプロ選手になるという事態が競技運営側から見たらよろしくないという理由もあったりします。

サッカーにはまチームに3名のオーバーエイジ枠があります。これは、ワールドカップを世界最高峰の大会と位置付けたいFIFAが差別化を図ったことが理由となっています。

いずれオリンピックで驚くような年齢の方を見ることがあるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加