ペンネームを使用する理由について

作家・マンガ家が使用するペンネーム。

独特な名前もあれば、本名をすこしだけ弄った簡単なものもあります。今回はペンネームについて紹介したいと思います。

意見君
芸名との違い

 

早速行こう

ペンネームとは?

まずは説明からしましょう。

ペンネームはざっくりいえば、本名以外の名のことです。主に作家・マンガ家が使用します。筆名とも呼ばれますね。

文筆家・マンガ家が主に使用しますが、論文などでも使用されます。

作家は使用が義務付けられているの?

いえ、勘違いしている人もいますが、本名で活動している人も一杯います。別にペンネームを使用しなければいけないというルールはありません。

基本的に好きな名前でいいのですが「宗教的な名前・政治的な名前・悪口・人種差別・下ネタ・他人や商品の名前・すでに使われているもの」は禁止です。

 

ペンネームを使用する理由

使用義務はないのにどうして使用している人が多いのか。

プロ作家だけでなく、同人作家なども多くが使用しています。理由に隔たりはありますが、いくつか考えられます。

身バレ防止

★スイッチが切り替わる

★覚えやすさ重視

★単なる憧れ

身バレ防止

第一に考えられるのはこれですね。

作家・マンガ家・同人作家でも共通しますね。例えば兼業で仕事をしている人は同僚や会社にバレたくない。あるいは、親や家族にバレたくないと考えている人は多いです。

本名を出すのは勇気のいる事で、個人情報の流出も怖い。

当然ですね(‘ω’)ノ

女性作家などは自分が女性と知られるのが怖いと感じ、あえて男性の名前にするケースもあります。

ジャンルによっては本名を出したくないものもありますし。

スイッチが切り替わる

これも多い理由です。

あえて名前を変えることで「本名の自分」ではなく「作家の自分」に自分自身のスイッチを切り替えることができます。

頭では同一人物と理解していても、切り替えられない人は多いものです。

だからこそ名前を変えることで「作家として自分」に自分の中で切り替えることができます。

覚えやすさ重視

読者に名前を憶えてもらうためです。

名前を覚えてもらえば読者に自分の次回作品も買ってもらえる可能性が高くなります。

あえて平仮名にするなど、覚えやすさを重視している作家もいます。特徴的な名前、簡単な名前は人の頭に残るものです。

単なる憧れ

珍しい理由ですが、結構います。

ペンネームに憧れを抱いている人は意外にも多いもの。別名というのは憧れを抱くものです。

世を忍ぶ裏の顔を持ちたい、という秘密主義を満足させるのもひとつの理由でしょう。

 

結論

理由は人それぞれです。

結局のところ「自分を出したくない」という事が大きいでしょうかね。

実名で仕事をしていると病院や役所・銀行といった場面で名前や顔が判明すると都合の悪いこともあります。

あえて理由には書かなかったのですが、作風によって別名を複数持っている人もいます。

健全作品とそうでない作品を同名義で書いてしまうと子供が間違って買ってしまう可能性もあります。作品の世界観に合わせている、というのもひとつの理由でしょう。

 

芸名との違い

似たようなものに芸名があります。

芸名は、芸能人が芸能活動をする上で本名のほかに持つ名前のことです。筆名(ペンネーム)と芸名の違いは基本ないです。

筆名=執筆活動で使う名前

芸名=芸能活動で使う名前

このような感じですね。

芸名を普段使用している芸能人が本を書く際には筆名を利用しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加