ドラクエGOが発表|共同開発はコロプラで株価も爆上げ

ドラゴンクエストの最新作が発表されました。

その名も「ドラクエgo」ではなく「ドラゴンクエストウォーク」 です。圧倒的な注目度を誇り、2019年目玉タイトルのひとつでしょう。

意見君
楽しみ
やってみたい

 

しかも、このタイトルの発表で株価がアップしました。流石にドラクエの力は凄い( ;∀;)

ドラゴンクエストウォーク

6月3日スマートフォン向けアプリ『ドラゴンクエスト』の新作発表会が都内で行われました。

大注目だったこちらの発表会で飛び出したのはスマホの位置情報サービスを利用した“位置ゲーム”でした。その名も「ドラゴンクエストウォーク」です。2019年に配信予定です。

こちらのタイトルは街中で物語の主人公に成り切り、敵として現れるモンスターと戦うのが特徴

こちらの新作アプリは、スクエア・エニックスがコロプラと共同開発です。大手同士の共同ということにも注目が集まっています。

同じような立ち位置にポケモンGOがあるため、本タイトルは「ドラクエGO」と呼ばれています。

ただし、ポケモンと違いドラクエの場合は精細な地図データにゲーム映像を組み合わせる仕組みになっています。現在地に応じて登場するモンスターを倒すなどして楽しむタイプのようです。

詳しくはyoutubeの動画

ランドマークも登場

このドラクエGOにはランドマークも登場します。

ランドマーク=目印となる地理学上の特徴物を指すものです。

現実世界を基にしたマップを実際に歩きながら、東京タワーなど日本各地のランドマークもゲーム中に登場すると発表されました。

これは楽しみ( *´艸`)

地元でも色々なランドマークがあれば最高ですね。都心だけが楽しいゲームはもう勘弁してほしい。

β版体験会が開催

正式リリースより前にβ版体験会が6月11日から開催されます。

体験会が実施されるのは関東圏(この場合は『茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県』)のみで、18歳以上が対象となっています。

6月3日から3日間、合計2万人を公式サイトの特設ページで募集しています。すぐに一杯になりそうですね。

スクエニ・コロプラ株が急騰

東京株式市場で、スクウェア・エニックス・ホールディングスとコロプラの株価が急騰しました。

ドラゴンクエストウォーク効果です。

コロプラの株価も午後に入り急上昇しました。

スクエニは一時275円高の4100円まで上昇し、年初来高値を更新しました。コロプラの株価も年初来高値を更新となりました。詳しい情報などはこちらなどで確認してください。

個人的な感想

新作出ましたね。

まさかの位置ゲームでした。Twitterでも話題になっており、発表されて間もなくして1位になりました。

個人的にとても楽しみです。

期待していた「ウマ娘」がプロデューサーが退社し、さらに「スクスタ」が秋以降に決定しています。だからこそこのタイトルには期待したい。

位置ゲームは事故が多発することもあっていろいろと問題視されていますが、その辺りを考慮した作りになっていることを個人的に望みます。

ロプラは元々位置ゲームを得意としている会社であり、期待値がアップします。

このエントリーをはてなブックマークに追加