ゲリラ豪雨の定義と発生メカニズムについて、田舎で発生数が少ないのは何故?

非常に暑い最近の夏。

その中にあって雨は焦がれるものですが、ゲリラ豪雨となれば話は別。もはや天災というべきものです。傘のない状態で唐突に襲われると恐怖すら感じます。

意見君
怖い場合もあるよな
急に来るからな

 

その定義について見ていきながら、どうして田舎では発生件数が少ないのかという点について説明したいと思います。

ゲリラ豪雨とは?

夏に降る突然の豪雨。

これをゲリラ豪雨と呼ぶのが一般的です。夕立という言葉では軽すぎるし、雷雨という言葉でもまだ足りない。まさしく自然がランダムに発生させる滝のようなもの。

決して言い過ぎではない量の水が降ってくる場合があります。

具体的には範囲の狭い地域で時間雨量が50mmをこえるような豪雨が短時間に降る現象を指して使われます。

とても予測が難しく、局地的で突発的に襲うためゲリラという名がつけられました。

ゲリラ的に降る雨=ゲリラ豪雨

正式な気象用語ではありません。マスコミが使い始めた言葉で、しっくり来たからみんなが使用して定着することになりました。2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されています。

ゲリラ豪雨の定義

さて、定義はどのようなものなのでしょうか?

基本的に定義はないです。

そもそも正式な気象用語ではないので定義が存在するはずもなく、雨量などによる定義も決められていません。マスコミが勝手に付けたものであり、使用するときもマスコミの尺度で決定します。

気象庁の用語にあるのは「集中豪雨」というもので、これは「警報基準を超えるような局地的な大雨」と定義されています。

ゲリラ豪雨の場合はこの集中豪雨が局地的の場合に、大体10数km~数10km程度の範囲内に50mmを超える時間降水量を観測した場合に使用されることが多いです。わかりやすくインパクトのある名前なので、「ゲリラ豪雨」という言葉を使用し、注意をうながす目的があるともいわれています。

ゲリラ豪雨の原因と田舎で発生しない理由

年々感じるのがゲリラ豪雨の増加。

この約30年間で大雨の発生件数は増加傾向にあります。これはもうアメダスのデータでも明らかであり、ゲリラ豪雨は増えていると断言できます。少なくとも30~50年前よりは集中豪雨が増えているのは明らか。

何故でしょうか?

最大の原因として挙げられるのは「ヒートアイランド現象」です。

ヒートアイランド現象とは都市部の気温が郊外よりも高くなる現象を指します。具体的に言えば「自然が少ないため地面の熱がこもりやすかったり、自動車やエアコンの室外機から出る排熱だったり、隙間なく背の高い建物乱立しているために風通しが悪かったり」など熱がこもっているからです。

そのために暖かい空気が上昇気流となり、雨の元でもある積乱雲を急激に発生させます。これによって都市部にゲリラ豪雨が多くなります。

田舎ではゲリラ豪雨が少ないというデータが出ています。

そう、田舎では樹木や川などで熱が逃げやすく、都心部ほど熱がこもっていないのでゲリラ豪雨の威力も発生数も少ないという傾向があります。

対策はあるの?

対策ですが、月並みのものしかないのが現状です。

ゲリラ豪雨はその名の通りゲリラなので非常に予想が難しい。空の色が一瞬で変わったと思えば、急激な豪雨に晒されていた、ということが多い。

対策としては、常に最新の気象情報を手に入れることが重要です。

アプリでも何でもいいのでチェックしましょう。最近ではゲリラ豪雨に強いという傘も登場しています。そういったものを持ち歩くのもひとつの対策でしょうか。

ですが、あくまでも一時的で受け身の対策です。

そもそもゲリラ豪雨を予想できても降雨を防げるわけでないので、わかったところ避難する、自宅から出ないくらいしかありませんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加